ここから本文です

トッテナム、ソン・フンミンの2Gなどでパレスとのダービー制す! 開幕節以来の白星《プレミアリーグ》

9/15(日) 1:15配信

超WORLDサッカー!

プレミアリーグ第5節、トッテナムvsクリスタル・パレスが14日に行われ、4-0でトッテナムが勝利した。

ここまで1勝2分け1敗のトッテナム。すでにビッグ6との対戦を2試合消化し、どちらもアウェイながら勝ち点1を持ち帰ることに成功している。開幕節以来の勝利を目指す今節は、前節のアーセナル戦からスタメンを1人変更。ケガのダビンソン・サンチェスに代わってオーリエが起用された。

試合は10分に動く。コンパクトに守るC・パレスに対し、アルデルヴァイレルトが中盤を省略し前線へフィード。これでサコーの裏を突いたソン・フンミンが、ドリブルでスライドしながら左足でGKグアイタの逆を突いてネットを揺らした。

その後もケインがゴールに迫ったトッテナムは21分、オーリエが右サイドから上げたクロスがファン・アーンホルトに当たってオウンゴールに。さらにその2分後には、再びオーリエが上げたクロスをファーサイドのソン・フンミンがダイレクトボレー。これが見事に決まって、立て続けのゴールでリードを3点に広げた。

早くも勝利を手繰り寄せたトッテナムは42分、ソン・フンミンの右への展開から、ケインがゴール前に折り返すと、ファーサイドから走り込んだラメラが沈めて4点目。大量リードで試合を折り返した。

すでに試合の大勢は決してしまっているC・パレスだが、クヤテやケイヒルが諦めずにゴールに迫る。J・アイェウもヘディングシュートでトッテナムゴールを襲う。

それでもトッテナムに焦りの様子はない、67分にはウィンクスを下げて負傷明けのエンドンベレを投入する。

それ以降もローギアで相手の攻撃をいなし続けたトッテナムは、追加点こそなかったものの、危なげない試合運びで4-0の快勝を収めた。開幕節以来4試合ぶりの白星を手にした。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/15(日) 1:15
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事