ここから本文です

シティ相手の大金星にノリッジ指揮官、「誰もが特別な何かを創り出すためにプレーしている」

9/15(日) 16:55配信

超WORLDサッカー!

ノリッジは14日、本拠地キャロウ・ロードで行われたプレミアリーグ第5節でマンチェスター・シティと対戦し、3-2で勝利した。同試合後、プレミア2連覇中の絶対王者相手の大金星に導いたダニエル・ファルク監督が歴史的な勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

直近25戦20勝5分けと昇格組相手に圧倒的な相性の良さを誇る絶対王者をホームで迎え撃った昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部)王者は、18分にMFケニー・マクリーン、28分にMFトッド・キャントウェルと前半序盤に立て続けにゴールを挙げる最高の入りを見せる。
その後、前半終了間際に相手のエースFWセルヒオ・アグエロに1点を返されて後半は難しい戦いが予想されたものの、立ち上がりの50分には8月のプレミア月間MVPに輝いたカナリーズのエースFWテーム・プッキが貴重な3点目を奪い、チームに勇気を与えた。そして、試合終盤の相手の猛攻を1失点で凌いだ昨季チャンピオンシップ王者は、プレミア王者を撃破して今季2勝目を手にした。

今回のシティ戦に向けては守備陣を中心に10人以上を負傷で欠く厳しい状況だったが、ファルク監督はチームの見せたスピリットを絶賛している。

「試合後のロッカールームは大騒ぎだったよ。同様にキャロウ・ロードの雰囲気も凄かったね。とにかく、クラブ全体にとって本当に素晴らしい夜となった」

「我々の負傷者の状況で世界最高のチームの1つを相手に勝利できたことは傑出した出来事だと思う。このチームのプレーヤーたちを称賛する十分な言葉は見当たらないが、彼らのスピリットは素晴らしかった。同時に今日の勝利は素晴らしいファン、我々のオーナーたちにとっても素晴らしいものとなった」

「今日、我々が示した並外れたメンタリティ、一体感は心から誇れる瞬間だった。誰もが特別な何かを創り出すためにフットボールをプレーしている。その中で今日の夜は誰もが記憶すべきものとなった。今夜は間違いなく誰もがいつまでも記憶すべき一夜となったと思う」

昨季、チャンピオンシップ王者に相応しい勇敢な戦いぶりでクラブ史に残る劇的勝利を手にしたカナリーズは、絶好調のフィンランド人エースを含め今季のプレミアを一層盛り上げる存在となりそうだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/15(日) 16:55
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事