ここから本文です

深刻さ増す保育士不足 沖縄142園で314人足りず 待機児童の解消に逆行

9/15(日) 5:25配信

沖縄タイムス

 沖縄県子育て支援課によると4月1日現在、県内の認可保育園や認定子ども園など142園で保育士314人が不足。県が調査を始めた2016年度の3倍以上に増えた。その結果、園児受け入れが制限され1183人の定員割れが生じた。

 県内の待機児童は4月1日現在、全国2番目に多い1702人。10月にスタートする幼児教育・保育の無償化で保育需要のさらなる増加も指摘されている。

 沖縄労働局によると18年度の有効求人倍率で保育士は3・13倍となり、県内平均(1・00倍)の3倍超と人手不足が際立つ。

 保育士不足の背景には、労働環境の問題に加え、待機児童対策に伴う保育施設の急増に人材確保が追い付いていない実態がある。県は修学資金貸し付けや保育士試験対策講座の費用補助、全国でも珍しいという正規雇用化促進などに取り組むが、有効な手だてになっていない。

最終更新:9/17(火) 11:45
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事