ここから本文です

【MLB】大谷、2年連続の“離脱”を「エ軍は望んでなかっただろう」 米メディアも嘆き

9/15(日) 7:10配信

Full-Count

来季に向けて14日に残り15試合を残して左膝の「分裂膝蓋骨」の手術

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロサンゼルス市内の病院で左膝の「分裂膝蓋骨」の手術を受けた。昨年は右肘にトミー・ジョン手術を受けていたが、米メディア「NBCスポーツ」はこの2年連続の怪我に悲しみの声を挙げている。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

 記事では大谷が今季5月7日にトミー・ジョン手術のリハビリから復帰し、今季は18本塁打62打点、打率.286だったと紹介。昨年のトミー・ジョン手術はレギュラーシーズン最終戦の翌日に行われたが、今回はシーズン終了を待たず、15試合を残してメスを入れた。

 完治まで8週間から12週間を要する見込みとされており、エンゼルスのビリー・エプラーGMは、大谷が2~3週間で投球を再開できるようになり、来年のスプリングトレーニングを万全の状態で迎えられるとの見方を示していた。

 記事では「エンゼルスは2017年12月にオオタニと契約したが、最初の2年間に怪我により離脱することになった。間違いなく彼やエンゼルスはMLBキャリアがこのように始まることを望んでいなかっただろう」と嘆いている。

 確かに思い描いたような2年間とはならなかったかもしれないが、今回の手術は来季、二刀流での完全復活を目指しての前向きなもの。3年目のさらなる飛躍に期待したい。

Full-Count編集部

最終更新:9/15(日) 7:10
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事