ここから本文です

日本ハム逆転勝ちで“混パ”演出、決勝打の清宮に栗山監督 「たまには打たないとね」

9/15(日) 21:12配信

Full-Count

残り9試合でCS進出に望み「今日みたいに必死になってやってくれたらいい」

■日本ハム 7-5 ソフトバンク(15日・札幌ドーム)

 日本ハムは15日、本拠地でソフトバンクに逆転勝ち。ソフトバンクを首位の座から引きづり下ろし、激戦の“混パ”を演出した。

【動画】清宮が“恐る恐る”手を差し伸べて…“ツンデレ”中田に「ハニカミ」ながらもグータッチを求めた瞬間

 前日は有原航平投手を援護できなかった打線が奮起した。先発の杉浦がデスパイネの2ランなどで3回までに4失点したが、5回に清水が「最初に失点したので1点でも返して流れを持ってきたかった」と4号ソロで反撃のノロシを上げた。

 5回には、西川と大田の連続長短打で1点を返し、さらに中田の中前適時打で1点差に迫る。8回には、再び西川と大田の連打から好機をつくり、中田の同点打と清宮の勝ち越し2点適時打など打者1巡の猛攻で4点を奪った。

 一方の投手陣は4回以降を村田透投手、石川直、堀と無失点でつなぎ、9回は秋吉が明石のソロ本塁打による1失点で逃げ切った。

 前日に優勝が完全消滅し、3位以下が確定。逆転でのクライマックスシリーズ進出に一縷の望みをかける栗山英樹監督は「こういうゲームをやれるはず。みんな、気持ちが久々に出ていた」と目を細めた。

 清宮の勝ち越し打について「たまには打たないとね」と素っ気ない一言で済ませたのは、うれしさの裏返し。1、2番コンビがチャンスメークし、4番が適時打2本という理想的な展開に「中心になってくれる人がああいう風にやってくれると前に進む形になる」とうなずいた。残り9試合。「あまり何かを考えるというのではなく、今日みたいに必死になってやってくれたらいい」とがむしゃらに目の前の勝利を追いかける。

石川加奈子 / Kanako Ishikawa

最終更新:9/15(日) 21:12
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事