ここから本文です

バルセロナ、5シーズンぶりの欧州王座奪還へ…「歴史的大失態」からの巻き返しは?

9/15(日) 14:48配信

SOCCER KING

 「赤っ恥」(ムンド・デポルティーボ紙)
 「歴史的大失態」(マルカ紙)
 「空前絶後の笑い種」(スポルト紙)

 スペインを代表するスポーツ各紙の一面に踊った辛辣な見出しの数々は、チャンピオンズリーグ(CL)で2年連続の大逆転負けを喫したバルセロナに向けられたものだ。

 一昨シーズンのローマとの準々決勝に、昨シーズンのリヴァプールとの準決勝と、ホームでのファーストレグで3点のリードを奪いながら、アウェイのセカンドレグでバルセロナは惨敗を喫した。4シーズン優勝から遠ざかっているチームは、短期決戦での勝負弱さを克服しなければ頂点に立つことは不可能だ。

 主将を務める大黒柱のリオネル・メッシも、衝撃的な敗戦の原因としてメンタルの揺らぎを挙げている。

「僕たちは本当に惨めな試合をしてしまった。情けない姿を見せてしまった。ああいった事は時として起こり得る。しかし、2年連続というのは決してあってはならない。リヴァプール戦はローマ戦と良く似た試合だった。早い時間帯にゴールを奪われ、前年の事が選手の頭をよぎってしまった。確かにミスや不注意が多かった。だが、最も酷かったのは、戦うことを忘れてしまったことだ」

精神面に加え戦術面にも問題が…

 だが、敗因は精神面だけでなく戦術面にもある。バルセロナの戦い方の真骨頂は、攻撃で圧倒することで守備の負荷を減らすところにある。だが、現在のチームは、高い位置からプレスを掛けられたりマンマークを付けられたりすると、後方からのビルドアップが破綻。持ち味のボールポゼッションがままならなくなり、試合をコントロールできなくなってしまう。無理して繋ごうとしたパスを奪われ、ショートカウンターから失点するという、リスクマネージメントの欠如も散見する。

 3連覇が懸かるリーガ・エスパニョーラでも、ビルバオに惜敗した第1節に、オサスナとドローに終わった第3節と、ホームの声援をバックに圧力を掛けてくるチームとの対戦で勝ち点を取りこぼしている。もちろん、開幕前に故障したメッシや開幕戦で負傷したルイス・スアレスの欠場により、ベストメンバーが組めていないという側面はある。だが、実力で劣るチーム相手に脆さを露呈している事実から、問題が依然として解決していないことが伺える。

 相手に押し込まれた際に自慢のパスワークが影を潜めてしまう原因としては、ポジショニングの悪さが挙げられている。中でもスペインのスポーツ専門チャンネル『GOL』は、その背景にあるプレーの柔軟性の無さを指摘している。

「バルセロナはテクニックに優れた選手を数多く揃えている。しかし、ボールを持ったセンターバックやボランチにプレッシャーを掛けられた際も、インサイドハーフがサイドに張り過ぎたり高い位置に留まったりするケースが多い。これでは十分なパスコースを確保することはできない。期待の新戦力としてスタメン起用されているMFフレンキー・デ・ヨングも、適切な形でボールを受けられなければ持ち味を生かせはしない。彼が力を発揮するためには、オランダ代表のようにもっと自由にプレーさせる必要がある」

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 14:59
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事