ここから本文です

10月誕生の神戸阪急 イメージカラーは『Kobe Wind Blue』…Kobe INK物語の開発者が制作、商品展開

9/15(日) 11:05配信

まいどなニュース

来たる10月5日、神戸・三宮に「神戸阪急」が誕生します。神戸っ子が慣れ親しんだ「神戸そごう」の建物はそのまま、内部を一部リニューアルして営業を開始するそう。新生「神戸阪急」は現在、再整備が進む三宮駅前と歩道橋で直結。相乗効果で神戸の玄関口に新しい活気をもたらしてくれるものと期待されています。そんな本店が神戸阪急誕生祭限定テーマカラーを初日に発表するといいます。神戸に新しい善き風が吹くことを願って作られたその色の名は『Kobe Wind Blue』。制作者であるナガサワ文具センターの竹内直行さんと神戸阪急の販促担当池上由起さんに、新色誕生へと寄せる思いについてききました。

【写真】「Kobe Wind Blue」ペンで描くと…こんな色

   ◇   ◇

神戸の地で新たに神戸阪急としてオープンすることが決定した時、神戸で愛される百貨店となるために店舗と市民の間に共有できる「何か」が欲しい、と考えた、と池上さん。もともとインクが好きで「Kobe INK 物語」のファンだったこともあり、直ぐに、今までたくさんの神戸の地をインクに映してきた竹内さんにオープンを記念した誕生祭テーマカラーを作ってもらおうと思いついたといいます。

そこで店舗外観や歩道橋、二階の店舗入り口正面にあるサファーレ広場など、様々なアングルを写真に収め、竹内さんが建物に相応しいカラーをクリエイトする一助になればと持参したそう。しかし竹内さんの答えは「写真は必要ありません」。驚く池上さんに竹内さんが提示した『Kobe Wind Blue』のコンセプトとは…。

―店舗写真はいらない、と言われて驚かれたでしょう

池上さん「竹内さんは、あの場所の様子はすっかり頭に入っている、とおっしゃって。あそこは神戸・三宮のエントランスであり、神戸の山からの風と、海からの風が出合う場所であると。わたしはその“風”を色に映します、とおっしゃって…店舗のイメージではなく、この場所のイメージを色にするのだ、ということが分かったときはなるほど!と思いましたね」

竹内さん「そう言われると照れますが…形なきものをこそ色として表現したかった。風の色、ということで山の緑をも内包し海へと吹き渡る、軽やかなブルーを、と」
「陸路と海路を持ち、自身の文化を外に発信すると同時に、他所からの刺激を柔軟に受け入れてきた神戸ならではの、多重的な魅力を想起させる色にしたかった。新たな発展を神戸に運ぶ色、市内外の人に次なる神戸のイメージカラーとして受け入れてもらえれば」

   ◇   ◇

筆者も『Kobe Wind Blue』の試作品を小瓶に分けてもらい、ペンで描いてみました。フレッシュなブルーはイノセントであると同時に、ペン先にインクを溜めて筆圧をかけると、成熟を感じさせる深い青へと変化。多彩な表情が、ペン先を進める心を浮き立たせてくれます。よほど時間をかけて練った色かと思いきや、色の制作依頼から発表まではタイトなスケジュールだったといいます。

竹内さん「3月末くらいにご依頼いただいたので正味、半年あったかどうか。神戸阪急オープン時にこの色をテーマにしたアイテムを様々な作り手に制作してもらう、という企画も同時進行していました。インクの発売も同日ですので、インク本体がないまま手描きの色見本(画像参照)を各店に配って」

池上さん「作り手の皆さんは大変だったと思います。『色』からのスタート、この『色』をイメージしてクリエイトして欲しい、とだけ言われたわけですから…」

―色の制作者として、特に思い入れのあるアイテムは

竹内さん「マキシンさんに作っていただいた帽子のラインカラーは納得のいく発色になるまで3回以上作り直していただきました。またMMデザインさんのスカーフは『Kobe Wind Blue』を表現するためにメーカーが新たに染料を作って染め上げた、と聞いています。どちらも個人的には素晴らしい出来栄えだと嬉しく思っています」

 『Kobe Wind Blue』のインクを始めとする各種アイテムは百貨店オープンの10月5日から17日までの間、三ノ宮駅前から直結の陸橋を渡り、二階北側入り口直ぐに新設される「パティオステージ」で販売されます。

   ◇   ◇

―今後はこの色を、どんなふうに市内外の人に向けて展開していくつもりですか

竹内さん「神戸阪急とナガサワで初出は500本ご用意します。その後もこの二店舗で地域限定発売していく予定です。また本色をイメージした万年筆も阪急オープンと同時に売り出します。こちらは100本のみの限定販売ですので気になっている方はお早めに」

池上さん「神戸阪急オープンのキーカラーとして、広く認知していただければ嬉しいです。今回、『色』という企画を立てることで多くの人を巻き込み『物語』を共有する喜びを知ることができたように思うんです。この色をきっかけに神戸阪急を知っていただいて、ここから新しい物語が始まるのだ、その行方を見守りたい、と多くの人に共感してもらえるよう頑張っていきたいですね」

(まいどなニュース特約・山本 明)

まいどなニュース

最終更新:9/15(日) 11:05
まいどなニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事