ここから本文です

愛媛大附属高生がモザンビークで交流活動

9/15(日) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛大附属高2年の三宅川ひなたさん(16)が8月7~25日、文部科学省が民間の資金協力で取り組む留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」を活用し、アフリカ南東部のモザンビークに短期留学した。紙の産地・四国中央市の伊予水引などを通じて、愛媛と異国をつなぐ活動を進め「言葉の通じない中、興味を持ってくれて心の距離が縮まったことがうれしかった」と笑顔で振り返った。

愛媛新聞社

最終更新:9/15(日) 8:00
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事