ここから本文です

プレミア史上初の“珍記録”、21歳ストライカーがチェルシー最年少ハットも…

9/15(日) 15:03配信

ゲキサカ

 チェルシーに所属するFWタミー・エイブラハム(21)がプレミアリーグ史上初となる“珍記録”を樹立した。データサイト『オプタ』が伝えた。

 昨季チャンピオンシップ(2部相当)で25ゴールを記録し、チェルシーに復帰したエイブラハムは、第3節ノリッジ戦から2試合連続ゴールを記録。14日に行われた第5節ウォルバーハンプトンでは、1点リードの前半34分に反転シュートを決めて追加点を挙げると、前半41分にクロスからヘディングシュート、後半9分には緩急あるドリブルで相手をかわし、ハットトリックを達成した。

 『オプタ』によれば、21歳347日でのハットトリックはクラブ史上最年少記録。さらに21歳以下で3試合連続2ゴールを以上を記録したのは、マンチェスター・ユナイテッド時代のFWクリスティアーノ・ロナウド(2006年12月)、トッテナムのMFデレ・アリ(2017年1月)に続いて3人目の快挙だという。

 さらにエイブラハムは後半24分にウルブスのCKからオウンゴールも記録。『オプタ』によると、1試合でハットトリックとオウンゴールを記録した選手はこれまでおらず、プレミアリーグ史上初めてのこと。それでも試合は5-2で勝利をおさめ、エイブラハムがこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

最終更新:9/15(日) 15:03
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事