ここから本文です

大気汚染による影響が懸念されるF1シンガポールGP

9/16(月) 18:58配信

TopNews

今週末に開催される今季のF1第15戦シンガポールGP(22日決勝)に文字通り“暗雲”が立ちこめる気配が出てきているようだ。

毎年この時期はインドシナ半島に山火事が多発することで知られているが、シンガポールの地元メディアが報じたところによれば、今年もインドネシアで発生した山火事によりシンガポール地域の大気汚染が深刻な状況となってきているようだ。

伝えられるところによれば、シンガポールはすでに山火事による“煙霧”に覆われ始めており、大気汚染のレベルも健康に害を及ぼす可能性が懸念されるところにまできているという。

こうした状況を受け、F1シンガポールGPの主催者は次のような声明を発表している。

「煙霧により、視界、公衆衛生、あるいは運営上の問題が発生する状況となった場合には、シンガポールGPはイベント(レース)に関するいかなる決定を下すにあたり、関係機関と密接な連携を取っていくこととする」

最終更新:9/16(月) 18:58
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事