ここから本文です

【RISE】那須川vs志朗、梅野vs白鳥ほか、豪華カードの意気込みと全16試合の計量結果

9/16(月) 6:30配信

イーファイト

 9月16日(月・祝)幕張メッセ・イベントホールで開催される『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』の前日計量・記者会見が、15日都内で行われた。

【フォト】那須川天心が計量をパスし、マッスルポーズで自信満々の微笑み

 全選手が計量を行ったが、第8試合に出場するスアキム・PKセンチャイムエタイジム(24=タイ/PKセンチャイムエタイジム)が予備計量で体重オーバー。タイムリミット20分前の15時40分の時点で200gオーバーとなっていたが、公開計量後の再計量にて契約体重の59kgをパスした。

<全計量結果・コメント>

▼メインイベント(第12試合) RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament決勝戦 3分3R延長2R
那須川天心(日本/TARGET/Cygames/初代RISE世界フェザー級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者)57.95kg
「一個のミスが許されない」と、これまでの試合以上に緊迫感のある一戦と認識。この緊迫感は過去の対戦の中では昨年9月にRIZINで行われた堀口恭司(アメリカン・トップチーム)戦以来だといい、「周りの声援に乗っちゃうので、それをしたらダメだと思う」と気持ちを引き締めた。
vs
志朗(日本/BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者)57.80kg
「一瞬でも隙を見せたらやられる。過去最高に集中して戦う」と、改めて那須川戦は”一瞬”で終わる危険性のある一戦であると確認。「できることは全部やった。明日は全部を懸けて戦う。明日は自分が勝てば格闘技界が変わると思うので、楽しみにしていて下さい」と、今や格闘技界の顔となった那須川を下し自分がトップに躍り出ると意気込みを語った。

▼セミファイナル(第11試合) RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament決勝戦 3分3R延長2R
白鳥大珠(日本/TEAM TEPPEN/第5代RISEライト級王者)60.95kg
「(梅野選手は)ここまで(白鳥の)サウスポー対策でパートナーを呼んで調整してきて最高に仕上がってると思う。その梅野選手を倒して時代を変える」と、”大穴”からトーナメントを勝ち上がってきた勢いそのままに優勝をかっさらう意気込みを見せた。
vs
梅野源治(日本/PHOENIX/元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)60.95kg
「今回はパートナーを呼んですごく協力してもらって、きつかったですけどスパーリングを重ねてサウスポー対策をとってきました」と、対白鳥対策は万全。「最高の準備をしてきたので、最高の試合をしましょう」と共に決勝の舞台に上がる白鳥へ呼びかけた。

▼第10試合 SuperFight! -54kg 3分3R延長1R
鈴木真彦(日本/山口道場/第7代RISEバンタム級王者)53.70kg
「王者対決として期待されている。RISEの王者同士の戦いなので、セミとメインを超える試合をしたい」
vs
田丸 辰(日本/平井道場/初代RISEスーパーフライ級王者)53.80kg
「2日くらい前から楽しみで仕方ない。大きな大会で最高の相手。明日もしっかり楽しんで勝ちます」と大舞台での勝利を誓った。

▼第9試合 RISE WORLD SERIES -61.5kg 3分3R延長1R 
チャンヒョン・リー(韓国/RAON/第5代RISEスーパーフェザー級王者)61.40kg
「明日は最善を尽くします。原口選手は若くてスピードのある選手。予想できない攻撃をするのでその点は注意したい」
vs
原口健飛(日本/FASCINATE FIGHT TEAM/Road to RIZIN KICK Tournament優勝)61.25kg
「(2017年11月の)『DEAD OR ALIVEトーナメント』でRISEデビューしたときにチャンヒョン選手が王者になって、その時にファンになり、いつか超えようと思っていた。体が硬くて何しても効かなそうだけどそういう選手を倒すのが楽しい。明日はリスペクトを込めてボコボコにします」

▼第8試合 RISE WORLD SERIES -59kg 3分3R延長1R
スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ/PKセンチャイムエタイジム/ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者)※計量時間に間に合わず別途計量→59.00kg
vs
ニキータ・サプン(ウクライナ/Octagon Kiev/2013年ヨーロッパテコンドー選手権王者、2016年テコンドー選手権ウクライナ大会銀メダル)58.65kg

▼第7試合 RISE WORLD SERIES -58kg 3分3R延長1R 
森本“狂犬”義久(日本/BRING IT ONパラエストラAKK/フェザー級2位)58.10kg→直後の再計量で58.00kg
vs
タリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル/Champions Factory/SAIKYO GP優勝)57.90kg

▼第6試合 SuperFight! -67.5kg契約 3分3R延長1R
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)67.45kg
vs
タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/スーパーライト級3位、元WMC世界フェザー級王者)67.30kg

▼第5試合 -64kg契約 3分3R延長1R
秀樹(新宿レフティージム/ライト級1位、K-1 REVOLUTION FINAL-65kg級世界王者)63.90kg
vs
稲石竜弥(TEAM OJ/元Bigbangライト級王者、元MA日本ライト級王者、元APKFスーパーフェザー級王者)63.95kg

▼第4試合 -64kg契約 3分3R延長1R
直樹(BRIGN IT ONパラエストラAKK/ライト級6位)63.95kg
vs
松本芳道(KICK-DIET吉野町/元新日本キックボクシング協会ライト級王者、K-1 WORLD MAX 2010 -63kg Japan Tournament3位)64.00kg

▼第3試合 -56kg契約 3分3R延長1R
金子 梓(新宿レフティージム/バンタム級8位)55.95kg
vs
京谷祐希(山口道場)55.80kg

▼第2試合 アトム級(-46kg)3分3R延長1R
百花(魁塾/NJKFミネルヴァ日本アトム級王者)46.00kg
vs
平岡 琴(TRY HARD GYM)45.95kg

▼第1試合 アトム級(-46kg)3分3R
那須川梨々(TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝)45.90kg
vs
上仮屋真莉(ROAD MMA GYM/第4回K-1チャレンジ女子Bクラス 全日本トーナメント-50kg優勝)45.30kg

▼OPF.4 ウェルター級(-67.5kg)3分3R
高木覚清(岡山ジム/JAPAN KICK BOXING INNOVATIONウェルター級9位)67.40kg
vs
宮城寛克(赤雲會/TENKAICHIウェルター級、ミドル級王者)67.45kg

▼OPF.3 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R
大石健作(TEAM TEPPEN/K-2 GRAND PRIX 2019 軽中量級準優勝)59.90kg
vs
齋藤奨司(FIGHT FARM/2018年KAMINARIMON全日本大会-65kg級優勝・大会MVP)59.90kg

▼OPF.2 フェザー級(-57.5kg)3分3R
新井海希(極真会館)57.50kg
vs
田上健太(フリー)56.50kg

▼OPF.1 ミニフライ級(-49kg)3分3R
ERIKO(ファイティングラボ高田馬場)48.35kg
vs
AKARI(TARGET/2018年KAMINARIMON全日本女子トーナメント-52kg級優勝)48.35kg

最終更新:9/16(月) 10:11
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事