ここから本文です

<東京ゲームショウ2019>前年比3万6000人減の26万2076人が来場 入場料値上げも影響?

9/16(月) 0:10配信

まんたんウェブ

 国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2019」が9月15日に最終日を迎え、12日から4日間で 26万2076人が来場した。過去最多だった2018年の29万8690人から約3万6000人ほど減少した。

【写真特集】令和No.1レースクイーン、ヘソ出し、ミニスカ衣装、コスプレも 美女コンパニオンも一挙公開

 ビジネスデーの初日(12日)は3万3465人、2日目(13日)は3万4977人、一般公開の初日となる3日目(14日)は9万1301人、4日目(15日)は10万2333人。過去最多だった2018年はそれぞれ、3万1961人、3万6356人、10万7310人、12万3063人で、ビジネスデーは大差なかったものの、一般公開日の減少が目立った。

 なお、今年から入場券は一般(中学生以上)2000円と昨年までの1200円から800円値上げされている。

 東京ゲームショウは、毎秋開催される世界的なゲーム展示会で、今年は家庭用ゲームやスマホゲーム、eスポーツ関連企業が国内外から650社以上が出展、1300タイトル以上が展示された。次回は、来年の9月24日から27日まで幕張メッセで開催する予定。

最終更新:9/16(月) 0:10
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事