ここから本文です

空の侍福島凱旋 エアレース最終戦Vの室屋選手

9/16(月) 8:13配信

福島民報

 千葉市で七、八の両日行われた「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2019」最終戦で優勝したパイロットの室屋義秀選手(46)=福島市在住=は十五日、活動拠点としている福島市大笹生のふくしまスカイパークで凱旋(がいせん)飛行した。県内外から大勢のファンが詰め掛けた。

 室屋選手は午前と午後にそれぞれエアショーを披露した。磨き上げてきた操縦技術で、急上昇した後に機体を回転させながら下降したり、低空飛行したりして、曲技飛行の魅力を伝えた。

 エアショーは航空イベント「ニュースカイアグリ2019 空と宇宙」で行われ、室屋選手はトークショーにも臨んだ。福島市のNPO法人ふくしま飛行協会の主催、福島市の共催で、福島民報社などが特別後援した。

最終更新:9/16(月) 9:47
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事