ここから本文です

「仮面ライダー龍騎」浅井真紀が造形した龍騎フィギュア、独自のミラーワールド解釈に注目

9/16(月) 15:00配信

アニメ!アニメ!

『仮面ライダー龍騎』より仮面ライダー龍騎が、造型師・浅井真紀による独自のミラーワールド解釈により再構築され、「S.I.C.」シリーズのフィギュアとして商品化。全国のホビー商品取り扱い店にて予約受付中だ。

大きな写真で詳しく見る


本商品では、仮面ライダー龍騎の姿を、浅井真紀による独自の解釈を加えて立体化。ガンメタの部分が神崎士郎の作成した装備、赤の部分はミラーワールドで実体化した部分、という解釈で直線と曲線の交わる造形のフィギュアに仕上げられた。


さらに、本商品には巨大かつ可動するドラグレッダーも同梱。各部のジペッドスレッドの径も合わせており、ドラグセイバーやドラグシールドを、ドラグレッダーから取り外して本体に装着することの可能だ。また、印象的な龍騎のストライクベントも再現できる仕様となっている。

「S.I.C. 仮面ライダー龍騎」の価格は13,200円(税込)で、2020年1月発売予定。

S.I.C. 仮面ライダー龍騎
販売価格:13,200円(税込)
発売日:2020年1月発売

(C)石森プロ・東映

アニメ!アニメ! 松本 翼

最終更新:9/16(月) 15:00
アニメ!アニメ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事