ここから本文です

杉本八段らと交流 10月27日に将棋まつり

9/16(月) 11:02配信

福島民報

 将棋の人気プロ棋士と愛好者が交流を深める「杉本昌隆八段を囲む将棋まつり」は十月二十七日、福島市飯坂温泉の「摺上亭大鳥」で開かれる。

 福島民報社と県将棋連盟の主催。日本将棋連盟から、最年少プロの藤井聡太七段(17)の師匠として知られる杉本八段(50)と飯野愛女流初段(32)を講師に招く。

 午前九時から開会式とトークショーがあり、午前十時から記念将棋大会が開かれる。子どもA(無差別)・B(初心者)、一般A(有段者)・B(級位者)の四部門を設ける。子どもの部は中学生以下が対象。

 午前中は両プロ棋士による指導対局が行われる。午後は杉本八段との席上対局や、午前中のトークショーとは別に「藤井聡太七段の育て方」と題した杉本八段によるトークショーがある。恒例のクイズ大会も繰り広げられる。

 事前に申し込みが必要で、参加料は昼食代込みで一般二千円、高校生以下千円。支払いは当日。申し込みは、はがきに住所、氏名、年齢、職業、児童・生徒は学校名と学年、希望する部門、段級位、電話番号を明記し、郵便番号960-8602 福島市太田町一三ノ一七 福島民報社事業局「将棋まつり係」へ。

 締め切りは十月十八日。ファクス024(531)4157でも受け付ける。問い合わせは同事業局 電話024(531)4171へ。

最終更新:9/16(月) 11:02
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事