ここから本文です

秋の六呂師に響くヨーデル 大野で音楽祭開幕

9/16(月) 10:41配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県大野市の六呂師高原で9月15日、アルプス音楽祭2019(福井新聞社後援)が開幕した。トンボが飛び交う秋の高原で、スイスアルプスをイメージさせるヨーデルなどの演奏が繰り広げられた。

 市内有志でつくる実行委員会が六呂師高原の魅力を発信し、地域を盛り上げようと毎年企画している。今年は県内をはじめ13団体が出演する。

 スイスの民族衣装を着けて登場したアルプス音楽団(東京)は管楽器やアコーディオンの演奏とともにヨーデルを披露。長さ3・4メートルのアルプホルンも登場し、伸びやかな音色を響かせた。このほか、地元の児童らによるダンスなどもあった。

 会場には地元のおろしそば、里芋おからコロッケなどを提供する食ブースのほか雑貨のマーケットもあり、家族連れらがゆっくりと過ごしていた。福井市から夫婦で訪れた男性(68)は「天気も良く絶好の音楽日和。優しい音色に癒やされる」と満喫した様子だった。

 最終日の16日は午前10時~午後4時。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事