ここから本文です

【RISE】タリソンが怒涛の攻撃力でダウンを奪い、森本”狂犬”義久を下す

9/16(月) 19:10配信

イーファイト

RISEクリエーション
『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』
2019年9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ イベントホール

【フォト】タリソンの後ろ蹴りがヒット

▼第7試合 RISE WORLD SERIES -58kg 3分3R延長1R
●森本“狂犬”義久(日本/BRING IT ONパラエストラAKK/フェザー級2位)
判定0-3 ※28-29、28-30、27-30
○タリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル/Champions Factory/SAIKYO GP優勝)

 森本はこの数年間、RISEを盛り上げてきたエース的な存在で、パンチ、ハイキック、ヒザ蹴りと何でも倒せる破壊力を持ち16勝のうち10勝がKO。今年5月には篠塚辰樹との因縁の対決を制するも、7月のONE初参戦では、元世界王者ジョシュ・トナーに判定負けした。今回、再起戦となる。
 対するタリソンは今回でRISE3戦目。世界トーナメント一回戦ではスアキムから豪快なパンチでダウンを奪うなどギリギリまで追い詰め、4月のRIZIN横浜大会では元K-1王者の大雅を2RでKOしている。

 1R、タリソンが身体を大きく使ったローキック、ミドル、横蹴りを繰り出していく。森本はステップを使いながら落ち着いてかわす。遠い距離からの大ぶりパンチ連打で一気にコーナーまで詰めるタリソン。中盤タイミングを掴んだか、森本がタリソンの大ぶりパンチに打ち下ろす右フックを入れる。徐々にパンチで攻め込む森本に、タリソンはパンチから組んでヒザ。森本はボディフックを入れる。

 2R、タリソンの飛びヒザにパンチで合わせる森本。ヒザ攻撃に森本がバランスを崩すと、スキを突いたタリソンの右フックが入り森本がダウン。立ち上がった森本が近距離で打ち合いに行き、負けじとフックからのヒザを出す。終盤、タリソンが組みつく展開が目出つ。ラスト20秒、森本が胴回し回転蹴りを放つと、重みでタリソンはロープの外まではみ出す。ラウンド最後に両者が大ぶりのフックで打ち合うと、森本が被弾し一瞬止まる場面も。

 3R、タリソンに掴みの警告が入る。後が無い森本が出てくるとタリソンの後ろ蹴りがモロに入る。ここぞとばかりにヒザ・ミドルを入れようと詰めるタリソン。森本はしばらく組んでいくも、やがて自身もボディを狙い始める。森本がボディフック、ヒザ、前蹴りで攻める。ステップで距離を取るタリソンに、森本のヒザが入るとタリソンが嫌がる素振り。終盤はパンチで攻勢の森本だがタリソンが組みに徹しゴング。

 2Rでダウンを取り、アグレッシブに攻めたタリソンが判定で勝利。森本はONE敗戦の鬱憤を晴らせず2連敗となった。

最終更新:9/16(月) 19:10
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事