ここから本文です

軽ワゴンと列車衝突 ひたちなか、常磐線

9/16(月) 22:41配信

茨城新聞クロスアイ

16日午前9時半ごろ、ひたちなか市東石川のJR常磐線佐和-勝田駅間の大島道踏切で、富岡発水戸行き上り普通列車が踏切内に進入してきた同市、男性(61)の軽ワゴン車と衝突した。男性は救急搬送され、頭を打つなどのけがを負っているが、意識はあるという。列車の乗客約120人にけがはなかった。ひたちなか署で進入の経緯などを調べている。

同署によると、警報機と遮断機のある踏切に車が進入し、止まっていたところに列車が衝突した。列車の運転士がブレーキをかけ、車は数十メートル押された。

JR水戸支社によると、いわき-勝田駅間の上下線で一時運転を見合わせ、同11時12分に運転を再開した。影響で、特急4本を含む上下計7本が運休、特急4本を含む上下計11本に最大2時間1分の遅れが出た。

茨城新聞社

最終更新:9/16(月) 23:11
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事