ここから本文です

【スーパー耐久 第5戦】サバイバルレースとなった決勝、83号車X WORKSアウディが初優勝

9/16(月) 20:15配信

レスポンス

ピレリ スーパー耐久シリーズ2019第5戦「もてぎスーパー耐久 5Hours Race」の決勝レースが行われ、ST-XクラスはNo.83 X WORKS R8(ツェ・カ・ヒン/ショーン・トン/タン・フィリップ)が初優勝を飾った。

[関連写真]

今回は全クラス混走の5時間耐久レースで争われた決勝レース。晴天のもとで12時04分にスタートが切られると、ST-XクラスはポールポジションのNo.777 D’station Vantage GT3が先行。2番手以下に対して10秒以上のリードを築き1回目のピットストップを終えたが、開始から1時間30分を過ぎたところでトラブルにより緊急ピットインを余儀なくされた。その後、修復を終えて戦列に復帰するも、コース上で何度か止まるシーンがあり、777号車は大きく後退することとなった。

代わってトップに立ったのはNo.244 MaxRacing RC-F GT3だったが、こちらもトップ快走中にミッショントラブルが発生し、開始から2時間40分を過ぎたところでリタイアしてしまった。

サバイバルレースの展開となっていく中、レース後半をリードしたのはNo.9 MP Racing GT-R。後方に対して30秒以上のリードを築き、これで勝負ありかと思われたが、残り1時間を切って83号車が猛追を開始。9号車は燃費の関係でペースを上げられないこともあり、両車の差はみるみるうちに縮まって行った。

そしてゴールまで残り6分のところでトップが逆転。レース中には接触行為でドライブスルーペナルティを受けるなど、アクシデントが絶えなかった83号車のアウディ『R8 LMS』がチーム初優勝を飾った。2位には9号車のGT-R、3位には777号車アストンマーチンが入った。

これにより、ST-Xクラスはチャンピオンが決定。No.1 GTNET GT3 GT-R(浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗)が最終戦を待たずに2年連続王座に輝いた。

ST-ZクラスはNo.2 ケーズフロンティアSYNTIUM KTMが初優勝、ST-TCRクラスはNo.97 Modulo CIVIC TCRが前戦に続き2連勝を飾った。

ST-1クラスはNo.47 D’station Porsche、ST-2クラスはNo.6 新菱オート☆DXCELエボXが優勝をか飾った。ST-3クラスは62 DENSO LeBeausset RC350、ST-4クラスはNo.310 GR Garage 水戸インター GR86、ST-5クラスはNo.4 THE BRIDE FITがそれぞれクラス優勝を果たした。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9/16(月) 20:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事