ここから本文です

「柳橋歌舞伎」観客を魅了 郡山

9/16(月) 11:13配信

福島民報

 江戸時代から受け継がれている郡山市指定重要無形民俗文化財「柳橋歌舞伎」の定期公演は十五日、同市中田町柳橋の柳橋歌舞伎伝承館(黒石荘)で催され、伝統の舞台が大勢の観客を魅了した。

 柳橋歌舞伎保存会の主催、柳橋町内会の共催、福島民報社などの後援。郡山市を代表する秋の風物詩として親しまれている。地元の御舘中の生徒が「白浪五人男 稲瀬川勢揃いの場」と「義経千本桜 伏見稲荷鳥居前の場」を披露した。柳橋歌舞伎保存会研究部が「奥州安達が原三段目 袖萩祭文の場」を七年ぶりに上演し、来場者が迫真の演技に大きな拍手を送った。

最終更新:9/16(月) 11:13
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事