ここから本文です

【RISE】鈴木真彦が田丸辰のボクシングに苦しむも延長判定で勝利、王者対決を制す

9/16(月) 20:15配信

イーファイト

RISEクリエーション
『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』
2019年9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ イベントホール

【フォト】3Rに鈴木が田丸のボディに左ヒザを突き刺しダメージを与える

▼第10試合 SuperFight! -54kg 3分3R延長1R
○鈴木真彦(日本/山口道場/第7代RISEバンタム級王者)
延長判定3-0 ※三者とも10-9(本戦は29-29、29-30(田丸)、29-29)
●田丸 辰(日本/平井道場/初代RISEスーパーフライ級王者)

 鈴木は卓越したパンチの技術と強打でWBCムエタイ、DEEP☆KICK、HOOST CUP、INNOVATIONでタイトルを獲得してきた実力者。昨年11月、両国大会で那須川天心が返上したバンタム級のベルトを獲得した。『BLADE』の-55kgトーナメント一回戦で那須川天心戦に敗れて以降、4年間無敗の16連勝と快進撃を続け、55kgクラスでは日本最強と言われる存在となった。

 対する田丸はジュニア時代から数々のアマチュアタイトルを獲り、2017年9月にプロデビュー。サウスポーで、卓越したボクシングテクニックとスピード・ディフェンスを持つ。昨年11月後楽園大会で金子梓とのプロ無敗対決を制し、初代RISEスーパーフライ級のベルトを獲得すると、今年5月には政所仁を破り初防衛にも成功。10戦全勝のパーフェクトレコードを引っ提げ鈴木との王者対決を迎える。

 1R、オーソドックスの鈴木がサウスポーの田丸に早い右ローを打ち込むと、田丸が強烈な左ストレートを返し、鈴木の腰が砕ける。鈴木も浅く右ストレートをヒットさせるが、田丸は上体を柔軟に使い追撃を回避する。ボクシングテクニックに秀でる田丸がヒットさせた後、ボディワークで上体の位置を変え、鈴木は的を絞れない。ジャブから顔面、ボディと打ち分け田丸がヒット数に勝る。

 2R、鈴木がプレッシャーを増し右ヒザ、右ミドルと足技を使い出す。田丸も鈴木の入り際に飛びヒザでカウンターを狙っていく。田丸の回転のいいパンチを繰り出し、ダッキングとフットワークに鈴木のパンチが空を切り、田丸はますますリズムに乗っていく。

 3R、直線的に詰める鈴木に、田丸はリングを丸く使い一方的にジャブをヒット。鈴木は時折テンカオを突き出すが田丸を捕らえられず、田丸は左ストレート、右フックをヒットさせた直後にはフットワークでその位置から体ごと消える。ラスト1分で田丸のダッキングに合わせて鈴木が繰り出した左ヒザが田丸の頭部にヒット。後退する田丸を追うが、田丸の足は止まらず鈴木のクリーンヒットを許さなかった。

 終了のゴングと共に両手を突き上げ勝利を確信した田丸。反対に鈴木は試合内容に納得できなかったのか首をかしげたが、判定は1名が田丸を支持した以外はドロー。王者対決は延長戦へもつれ込んだ。

 延長ラウンド開始直後は変わらずに田丸が足を使い鈴木が追う形に。しかし田丸やや攻める気を出したところに鈴木が右ストレートで田丸のアゴを跳ね上げる。真正面に立つと鈴木の右アッパーがヒット。田丸が直線的に後退すると鈴木がまっすぐに詰め、左フック、右アッパー、左ヒザをヒットさせ田丸にダメージを積み重ねる。田丸はパンチを打った直後に鈴木に寄り掛かるシーンが増え、鈴木は突き放しパンチをヒット。スタミナを失い足が動かない田丸へ打撃を繰り出すまま終了のゴング。延長ラウンドで逆転した鈴木が17連勝を決め、田丸の連勝を10でストップした。

 王者対決を制した鈴木は「僕がバンタム級のチャンピオン、田丸選手がスーパーフライ級のチャンピオンで、本当は実現しない対戦だったけど、田丸選手がやりたいと言ってくれたので、感謝しています」とこの一戦を実現させた田丸に感謝。そして「RISEバンタム級王者として今日みたいな試合は二度としないように、これからは全部KOで、RISEには那須川選手だけじゃないところを見せていきます」と今後の勝利を約束。最後に「今日は3試合目の(京谷)祐希君と一緒に勝てたので最高です」と、同門の京谷と山口道場連勝を決められたことに喜びをみせた。

最終更新:9/16(月) 20:15
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事