ここから本文です

【RISE】那須川天心が志朗との心理戦を制しトーナメント制覇

9/16(月) 21:30配信

イーファイト

RISEクリエーション
『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』
2019年9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ イベントホール

【フォト】ベルトを巻いた那須川が“トリケラトプス拳”を披露

▼メインイベント(第12試合) RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament決勝戦 3分3R延長2R
○那須川天心(日本/TARGET/Cygames/初代RISE世界フェザー級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●志朗(日本/BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者)

 那須川は”神童”として日本のキックボクシング界をけん引するエース。数々の難敵を下し、未だ無敗の37戦37勝(29KO)の戦績を誇る。『RISE WORLD SERIES 2019』では3月にフェデリコ・ローマを3RKO、7月にはスアキム・PKセンチャイムエタイジムの額を胴回し回転蹴りで切り裂き3RTKOを収め、決勝進出を決めている。

 対する志朗は主にタイで試合と練習を積んできた和製ムエタイ戦士。2018年11月にRISEに初参戦すると、RISEフェザー級王者・工藤政英に判定勝ち。1回戦ではWAK-1F K-1ルール世界王者ミキータスを3Rでローキック葬。準決勝ではスアキム・ロッタンに勝利しているルンピニー王者のルンキット・ウォーサンプラパイを、不利の予想を覆し延長判定で下し決勝へ上った。

 ジュニア時代から顔を合わせ続け、ついに相対する両者。前日会見では口を揃えて「一瞬の隙が命取り」と、緊張感のある試合になると宣言していた。

 1R、じりじりと前に出る那須川。志朗はあわせて後退し距離を保つが、志朗が胴回し回転蹴りを見せると、那須川も同じく回転蹴りを見せる。志朗が右ミドルを見せると、那須川は左ボディストレートから左ミドルで応戦。左ストレートで志朗を吹き飛ばすが、これはガードの上から。1Rは双方単発で手を出すものの様子見の様相を見せる。

 2R、志朗が右インローを打ち込むと那須川は左フックを返すが志朗はダッキングで回避。距離を一定に保つ志朗は那須川の左ストレートをロープをうまく使いスウェーで避ける。那須川の速い連打の直撃は受けないが、志朗から手が出ない。離れ際の右ロー、ヒザで那須川を攻める志朗だが、手数は那須川。終了直後に志朗がバックハンドブローを見せるが浅いヒット。志朗は鼻血を出しながらコーナーに戻る。

 3R、プレッシャーを強める志朗に那須川は左前蹴り、左ハイキック。後手に回る志朗に左ストレートから胴回し回転蹴りを見せるがこれは志朗がガード。先に手を出していくのは那須川。スーパーマンパンチも見せるが志朗のガードは硬い。那須川のカウンターを警戒した志朗に対し那須川が手数を出し続ける展開のまま終了のゴング。判定は手数を出し続けた那須川をジャッジ3名が支持。フルマークの判定勝利で那須川がトーナメントを制覇。3月から続いた-58kg級の世界一を決めるトーナメントの頂点に立った。

 那須川は勝利者インタビューで「ぱっとした試合はできなかったけど、技術の高い攻防でちょっと気を抜いたらやられる試合でした。志朗君はライバルで、こういったところで闘えて光栄です」と緊張感のある試合を繰り広げたライバルへ感謝の意を表した。そして「優勝という形はできたけど、価値を高めるにはこういう試合ではだめ」と、さらなる飛躍を観客に誓った。

最終更新:9/16(月) 21:58
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事