ここから本文です

SKE48運営・赤塚社長 足元を固めて日本全国、そしてアジアへ

9/16(月) 17:00配信

東スポWeb

「ファンとともにナゴヤドームへ」。アイドルグループ「SKE48」を運営する株式会社ゼストの赤塚善洋社長(42)インタビュー最終回ではグループの今後の展開や戦略を激白。新人オーディション、スクール事業、卒業後のセカンドキャリア、そしてSKE48最大の目標であるナゴヤドームコンサートへの思いを熱く熱く語った。

 ――8月31日で応募が締め切りとなったSKE48の10期生オーディションでは年齢制限の上限が設けられていない。年齢に関係なく誰でもSKE48のメンバーになる可能性がある

 赤塚社長:インターネットがこれだけ普及して個性を発信できる場が増えている。幅を広げたうえでいろいろな個性を持った方にぜひ応募していただきたかった。SKE48はこの先、名古屋・栄からアジアに向けて発信していくエンターテインメント集団を目指していきます。そういう意味ではアイドルに限らずいろいろなエンターテインメントの方々の可能性がSKE48にあれば、もっと言えばゼストの中にあればと思います。

 ――10期生には松井珠理奈、須田亜香里に続くSKE48の顔となる人材を期待している?

 赤塚社長:次なるセンターやSKE48の顔になる存在は当然、現在所属しているメンバーも含めて期待しているので、今のメンバープラス10期生なんですね。現在の所属メンバーの中から次なる顔が出てきてほしいですし、そこにいい意味で10期生が刺激を与えてくれればいいなと思っています。

 ――10月1日には名古屋に芸能スクール「ゼスト エンタテインメント スクール」を開校する

 赤塚社長:ゼストの中心であるSKE48が名古屋のグループ。メンバーのアドバイスをもらって一緒につくっていくという意味では名古屋が一番適しているのではないか。自分の夢や目標を達成するためのステップになる学校、可能性を広げるツールになれば。エンターテインメントだけでなく人間形成などにもつながればいいなと思います。

 ――SKE48のメンバーが卒業した後のセカンドキャリアにも注力していく

 赤塚社長:スクールがその一つになり得ると思っています。われわれの一つの強みとしてはSKE48がいてアイドルノウハウがある。SKE48を卒業してから後輩を育てるという意味ではスクールの先生という道もあるでしょうし、それ以外にもアーティスト活動をしていた中で気づくマネジメント論もあると思いますので、そういったところはセカンドキャリアとして何か一緒にできたらと考えています。

 ――メンバーのセカンドキャリアとしてエンターテインメント以外の職種にも可能性はありますか

 赤塚社長:もし本人が希望すれば可能性は非常にあると思います。たとえばですけれど、もし実業家になりたいというメンバーがいて、独立してやっていきたいという思いがある。そのメンバーが「お菓子屋さんをやりたい。こんなお菓子屋さんをやったら、はやるかもしれないですけれど、藤澤会長、赤塚社長どうですか」と言ってきたら、それが可能性のある事業ならば「じゃあやってみる?」と藤澤会長は言う気がしますね(笑い)。

 ――今年はAKB48選抜総選挙が実施されなかった。自分の名前を売るチャンスがなくなって残念に思っているメンバーもいる

 赤塚社長:注目される場があるから頑張るということがあるじゃないですか。僕としてはSKE48が日本からアジアに向けてすごく注目されていったときに、選抜メンバーに入ることが一番のモチベーションになればいいなと思ってるんですよ。総選挙もひとつの形ですが、SKE48の人気が出れば出るほど選抜メンバーやセンターに輝く人間の地位が上がっていく。そういうことはどんどん考えていきたいですね。

 ――SKE48を今後どのようなグループにしていきたいですか

 赤塚社長:まずはアジアで活躍するエンターテインメント集団にしていきたいなと思っています。名古屋から発信をして、名古屋が誇れるようなグループとなれればいいなと思っています。そのために、最も意識しているのは、地場の企業や媒体との連携をしっかりと築いていくことです。1年目はその部分、足元をしっかりと固め、ゆくゆくは日本全国、そしてアジアへと展開させたいですね。48グループの強みは地域性だと思っています。

 ――グループの目標として再びナゴヤドームで単独コンサートを開催することがある

 赤塚社長:それはありますね。前にナゴヤドームでも豊田スタジアムでもやりましたから、そういった東海地区を象徴する場所でライブをしたいというのがあります。そこでライブができるのがSKE48であり、ゼストのマネジメントなんだということを出していきたいですね。SKE48にはそれができるポテンシャルがあると思うので、そこにはファンの皆さんと一緒にたどり着きたいですね。(終わり)

☆赤塚善洋(あかつか・よしひろ)=1977年4月18日生まれ。東京農業大学卒業。エイベックス・マネジメント(株)などを経て2012年5月(株)allfuz代表取締役に。3月から株式会社SKE(現・株式会社ゼスト)の代表取締役。

最終更新:9/16(月) 17:02
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事