ここから本文です

ダイソーのアイテムだけで作れる「傾斜台」が便利すぎる……! 姿勢の悪いデスクワーカーの救世主になりそう

9/16(月) 15:21配信

ねとらぼ

 机に向かって作業する人にとって、いつも悩みの種になるのが姿勢の問題です。平らな机で作業しているとどうしても首や肩がきつい……そんなときにうれしいアイテム「傾斜台」を、ダイソーの商品だけで作ったというツイートが話題を呼んでいます。

【画像】傾斜台、これで作れます

 傾斜台を作ったのは木崎アオコさん。エッセイ漫画「わたしのおっとり旦那」などを手掛けた漫画家です。今回制作した傾斜台も、漫画原稿を執筆するためのものでした。

 材料は以下の通りです(価格は全て税別)。

ワイヤーネット大(54.3×33センチ)×2 150円×2=300円

ワイヤーネット小(17×34センチ) 100円

ワイヤーネット用フック 100円

ワイヤーネット用連結ジョイント 100円

耐震マット 100円

 キッチン用品の整頓などに使うワイヤーネットを、同じくダイソーで販売しているワイヤーネット用のジョイントパーツで接続して組み立てています。大きなワイヤーネット2つの長辺をつなげ、一方のワイヤーネットに傾斜を作るための小さいワイヤーネットを接続する形です。A3サイズのトレス台もらくらく置くことができます。

 台の角度は、ワイヤーネットにつけたジョイントパーツをすべりどめにして調節します。これならいくらでも好きな角度に変更できる……! ぺたっと折りたたみできて場所をとらないのも魅力的です。

 ワイヤーネット用のフックを2つつけることで、トレス台やタブレットなどをひっかけられるようになっています。

 また、漫画原稿で消しゴムかけをする場合、振動で台が動かないように耐震マットをひくのがおすすめだそうです。耐震マットはシート状のものではなく、ジェルシート状のものを選ぶとより安定します。木崎さんは机に当たる部分とフック部分にマットをひいて利用しています。

 自分のデスクの環境や使用目的に合わせて、大きさや部品をアレンジして作ってみるのも楽しそうですね!

(ねとらぼGirlSide/不義浦)

ねとらぼ

最終更新:9/16(月) 15:21
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事