ここから本文です

里村明衣子が英最大団体「プログレス」女子王座奪取

9/16(月) 23:56配信

東スポWeb

【英国・ロンドン15日(日本時間16日)発】女子プロレス界の横綱こと里村明衣子(39=センダイガールズ)が、英国最大団体「プログレス」ロンドン大会で同女子王者ジョーダン・グレース(23)を撃破。日本人として初めて同王座を獲得した。

 この一戦は、当地のアレクサンドラ・パレスに3000人以上の観衆を集める大盛況の中で行われた。里村はジョーダンのパワー殺法に苦戦するも、終盤から一気に攻勢に出た。最後は17分21秒、必殺のスコーピオ・ライジング(シャイニング式かかと落とし)で大逆転の3カウントを奪い、新王者となった。

 ジョーダンは4月にワールド王者の“怪物”橋本千紘(27)に挑戦して大激闘を展開したばかりの実力者。里村は仙女初のマンチェスター大会(7月)成功に続く快挙となった。

 里村は「世界的な価値があるベルトを取ることができました。では皆さま、ごきげんよう~」となぜか英国のお姫さま口調で歓喜を表現。これで年間最大のビッグマッチとなる10月13日の仙台サンプラザ大会は、晴れてチャンピオンとして臨むことになった。

最終更新:9/16(月) 23:58
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事