ここから本文です

NAOTO「ブス恋」試写でキュンキュンしたセリフ告白、豚汁で“充実~!”発言も

9/16(月) 16:28配信

音楽ナタリー

NAOTO(EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主演を務めるFODドラマ「ブスの瞳に恋してる 2019~The Voice~」の先行試写会が、本日9月16日に東京・フジテレビマルチシアターで開催された。

【写真】左からNAOTO、富田望生。(メディアギャラリー他25件)

本作は放送作家・鈴木おさむが妻・大島美幸(森三中)との“交際ゼロ日での結婚”やその後の暮らしをつづったエッセイ「ブスの瞳に恋してる」を原作としたドラマ。NAOTO演じるイケメン声優・鈴野理と、富田扮する声優志望のアルバイト・大山美幸の結婚までの道のりや、新婚生活の様子が描かれている。

ステージに登壇したNAOTOは本作を観た感想について「照れたー!」とコメント。また試写会場が、劇中で理のファンイベントが行われた撮影地だったことから、ヒロイン役の富田望生が「(NAOTOが)入ってきた瞬間の『キャー!』が、鈴野理のまんまで笑っちゃいました!」と興奮気味に語る。またドラマでは会場スクリーンにさくらんぼをかじる理の写真が映し出されていたことから、富田が「今日はそれじゃなくて大丈夫ですか?」と振ると、NAOTOが「いじってんじゃないよ!」とツッコむひと幕もあった。

NAOTOは作品について「コメディタッチな中でも、人を見る目とか価値観とか……僕はまだ結婚していないですが、いろいろな刺激を受けましたね」と真面目に回想。アフレコシーンの撮影では、共演者に比べてマイクに対する体の向きに違和感があったそうで「自分だけめちゃくちゃ斜に構えてました。パフォーマー魂が出ちゃったのかな(笑)」と再現してみせた。一方、富田が役作りに関して「理さんに憧れている設定だったので……」と話し始めると、NAOTOは「役作り、必要なかったよな!」と冗談を飛ばし、「17歳も離れているのに、めちゃめちゃいじってきますから。大物になりますよ、富田ちゃんは」と富田を評した。

イベントでは、恋愛に関する質問に、2人がYesかNoの札で答えるコーナーも展開。「告白は自分からすることが多い?」という質問に、NAOTOは「Yesですね。待っている時間がまどろっこしいと思うので、好きになったらどストレートに行きます。絶対直接(告白する)タイプですね!」と自信満々に答える。同じ質問の話題で、小学校の頃好きな男子に手紙で思いを伝えていたという富田が「何枚あげたんだろう……。1年に1枚くらいはあげていました。お家が近所だったので、(玄関を)ピンポンして渡していました」と明かすと、観客から「かわいい!」という声が。また「男女の友情は成立すると思う?」という質問に2人そろってYesと答えると、NAOTOは「ドラマの現場は異性の友達も増えそう。(アーティスト活動では)俺たち男しかいないから。ひたすら男子校みたいな空気になってるよ!」と富田をうらやんだ。

「今恋しているものはなんですか?」という質問に対してNAOTOは豚汁作りにハマっていると回答。自炊のレパートリーは豚汁のみだそうだが「今年に入って、ごぼうはアク抜きしないといけないと知りました。皮を剥いて水に浸けないと食べられない……なんて手間のかかる野菜なんだ! あと、みんな知ってる!? こんにゃくは下茹でしたほうがいいんですよ。なんて手間のかかる子なんだ!」と知識を披露し、さらに「豚汁と白米と納豆と卵(という献立)。自分で作るとすごい充実ー! リア充みたいな感じになれるんです」と熱く語る。司会者に「IKKOさんみたいになってましたよ?」と言われると、改めて「じゅうじつ~!」とIKKO風に言い直した。

最後にキュンキュンした劇中のセリフを尋ねられたNAOTOは美幸の親の言葉を挙げ、「恋する相手を見た目で選ぶとそのあとは減点方式だけど、性格で選ぶと加点方式……それを聞いて、めちゃくちゃ深いなと思いました。自分の価値観に新たな視点をもたらしてくれたセリフでした」と振り返った。

「ブスの瞳に恋してる 2019~The Voice~」は、FODにて9月17日0:00に配信スタート。

最終更新:9/16(月) 16:28
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事