ここから本文です

巨人・桜井、痛恨の押し出し 6回2失点で降板 初の中4日も9勝目ならず

9/16(月) 17:06配信

デイリースポーツ

 「巨人-阪神」(16日、東京ドーム)

 巨人・桜井俊貴投手が6回4安打2失点で降板。9勝目はお預けとなった。自身初の中4日での先発マウンドだったが、躍動感ある気迫のピッチングを見せ先発の役目を果たした。

 同点の六回。先頭の近本に二塁打、マルテと糸原に連続四球を与え1死満塁のピンチを招いた。マウンドには宮本投手総合コーチが駆けつけたものの、続投が決定。しかし、続く6番・高山にフルカウントからの7球目がボール球となり痛恨の押し出し四球。

 自らの3連続四球で勝ち越しを許し、がっくりと肩を落とした右腕だったが、後続の北條、坂本をしっかりと打ち取り、試合を壊さなかった。

最終更新:9/17(火) 12:53
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(金) 13:15

あなたにおすすめの記事