ここから本文です

カーズのリック・オケイセックさん死去 75歳、マンハッタンの自宅で発見

9/16(月) 17:23配信

デイリースポーツ

 「ユー・マイト・シンク」、「ドライブ」などの大ヒット曲で知られる米ニューウェーブ・ロックバンド「カーズ」のフロントマン、リック・オケイセックさんが死去したことが16日、分かった。75歳(自身のマイスペースでは1949年3月23日生まれとなっており、その場合は70歳)。ボルチモア出身。米NBCやABC、CNN、英ガーディアンなど複数の海外メディアが伝えた。

 それによると、オケイセックさんは15日(現地時間)、ニューヨーク・マンハッタン東19番街の自宅アパートで亡くなっているのを発見された。

 オケイセックさんはヴェルヴェット・アンダーグラウンド、モダン・ラヴァーズ、ロキシー・ミュージックなどに影響を受け、1978年にカーズとしてデビューした。

 痩身(そうしん)とサングラスがトレードマークのオケイセックさんがメインソングライター、ボーカリストを担当したカーズは、ニューウェーブ的な新しい感覚とポップなセンスで一世を風び。シングル13曲をトップ40に、アルバム4枚をトップ10に送り込んだ。シュールなミュージックビデオで知られる「ユー・マイト・シンク」は、記念すべき第1回MTVビデオ・ミュージック・アワードを受賞している。

 カーズは88年に解散し、オケイセックさんはソロや、ウィーザーやホール、バッド・ブレインズなどのプロデュースワークでも活躍。2018年には28年間連れ添ったモデルのポーリーナ・ポリツコヴァさんと離婚する一方で、カーズがロックンロールの殿堂入りを果たしていた。

最終更新:9/16(月) 17:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事