ここから本文です

巨人、阪神に競り負けも…DeNA敗れてマジック4に 坂本勇が途中交代でどよめき

9/16(月) 17:51配信

デイリースポーツ

 「巨人1-2阪神」(16日、東京ドーム)

 巨人は阪神に競り負け。しかし、2位のDeNAが敗れたため、優勝へのマジックは1つ減って、「4」となった。

 1点を追う四回。四球と安打で2死一、三塁とすると、小林が中前にはじき返して、試合を振り出しに戻した。丸が2度の併殺打に倒れるなど再三の好機を生かせなかった。六回にも2つの四球と安打で1死満塁としながらも、後続が倒れた。

 坂本勇が六回の守備から退いた。五回に左飛に倒れた際、一塁に向かう途中で一時、止まっており、異変が起こったか、もしくはコンディション不良の可能性もある。主将も務める主軸にアクシデントとあってスタンドのG党からは大きなどよめきが起こった。

 自身初となる中4日での先発マウンドとなった桜井は、躍動感あふれる気迫のピッチングで6回4安打2失点と好投。しかし、六回はコントロールを乱して、2四球などで1死満塁とされると、続く高山に痛恨の押し出し四球を与え、これが決勝点となった。

最終更新:9/16(月) 18:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事