ここから本文です

ロッテ・田村が勝ち越し打 9月に入り好調!月間打率・349

9/16(月) 18:35配信

デイリースポーツ

 「西武3-9ロッテ」(16日、メットライフドーム)

 1点を追った六回。ロッテは清田の同点打でなお無死満塁。続く田村龍弘捕手が本田の初球、チェンジアップを捉えた。

 「いいところに飛んでくれた。結果的に後ろにつなげることができでよかった」という打球は中前への勝ち越しの2点適時打となった。

 7月17日の同カード(メットライフD)で、田村は二回1死満塁で本田と対戦。投ゴロ併殺打に倒れている。

 「スライダーでやられた。それ(併殺打)だけは避けたかった」。本田へのお返しの一打でもあった。

 9月に入って好調をキープしている。月間打率は・349。下位に座っているが、「ここで1本と思ってやっている」とペナントレースの勝負所に来て気力が充実している。

 この日は石川を好リード。7回を被安打8ながら3失点で切り抜けた。「緩急、それにインサイドを使った。ここの打線はやはり強気にいかないといけない」

 9月23日の日本ハム戦(ZOZO)は福浦和也2軍打撃コーチ兼内野手の引退試合。「それまでにCSを決めて福浦さんの花道を飾りたい」。田村の言葉は頼もしかった。

最終更新:9/17(火) 14:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(金) 7:35

あなたにおすすめの記事