ここから本文です

女子バレー日韓戦 韓国が本領発揮、第2&第3セットを連続奪取

9/16(月) 21:06配信

デイリースポーツ

 「バレーボール・女子W杯、日本-韓国」(16日、横浜アリーナ)

 世界ランキング6位の「火の鳥ニッポン」日本代表は第3戦で同10位の宿敵韓国代表と対戦。第1セットを苦しみながらも25-23で制したが、第2セットと第3セットを連続で奪われた。

【写真】第1セット、スパイクを決める石井

 1勝1敗で3戦目を迎えた日本は、今年6月のネーションズリーグでストレート負けしている韓国と激突。日本は岩坂名奈、新鍋理沙、石井優希(久光製薬)、荒木絵里香(トヨタ車体)、佐藤美弥(日立)、石川真佑(東レ)、リベロ山岸あかね(埼玉上尾)がスタメン。主将の岩坂が初出場となった。

 日本が終盤の4連続ポイントなどで第1セットを先制したが、ロンドン五輪得点王の金軟景擁する韓国も巻き返しにあう。

 韓国得意のサーブで揺さぶられ、ブロックも決められるなど19-25で第2セットを落とす。第3セットも韓国のペース。日本も芥川愛加(JT)がブロックポイントを挙げるなど抵抗したが、22-25で奪われた。

 今大会、日本は初戦のドミニカ共和国に3-1で勝利。2戦目のロシアには2-3で敗れている。韓国は中国、ドミニカ共和国に敗れて2連敗となっている。

最終更新:9/16(月) 22:21
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事