ここから本文です

【ACL】上海上港MFオスカル、浦和戦へ必勝宣言「遊びに来たのではなく、勝つために来た」

9/16(月) 19:51配信

スポーツ報知

 上海上港の元ブラジル代表MFオスカル(28)、ヴィトール・ペレイラ監督(51)が16日、埼玉スタジアムで記者会見し、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦・浦和戦(17日)へ意気込みを語った。

 ホームの第1戦(2△2)は、浦和にアウェーゴール2発を献上。突破には第2戦で3―3以上の引き分けか勝利が条件となる。オスカルは「明日はとても重要な試合になる。我々はここにただ遊びにきたのではなく、勝つためにきた。しっかり目標を果たしたい」と必勝を誓った。

 第1戦で2得点した元ブラジル代表FWフッキが累積警告のため出場停止。さらに、ウズベキスタン代表MFアフメドフが負傷により欠場が濃厚であることが新たに判明した。

 主力2人を欠く中で、攻撃の核を担うオスカルは「自分に全ての責任がかかるわけではない。チーム全員での責任感のもとで、明日は勝利を目指したい」。指揮官は「サッカーは11人でプレーするもの。チームスピリットのもとでみんなで走って戦って、いい結果をもたらしたい」と力を込めた。

最終更新:9/17(火) 23:30
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事