ここから本文です

小栗旬が女児向け特撮初出演「光栄」 “ボス”関口メンディーの兄役“ファングリ・大栗純”

9/16(月) 9:30配信

オリコン

 俳優の小栗旬が、テレビ東京系で放送中の総監督・三池崇史がおくる女児向け特撮番組“ガールズ×戦士シリーズ”の第3弾『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』(毎週日曜 前9:00)への出演が決定。小栗は日本を代表する俳優“大栗純”かつファントミラージュたちを導くボス・ファンディー(関口メンディー)の兄役・ファングリとして、22日放送回(第25話)から登場する。

【写真】黒いマント姿で登場!ファングリ役を演じる小栗旬

 『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』、『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』に続く新シリーズの同作は、“ひみつ×戦士”がテーマ。正体は絶対にひみつの正義の怪盗「ファントミラージュ」が、敵である「逆逆警察」によって「イケナイヤー」にされてしまった人たちから、「イケない心」を“ちょーだい”して平和を取り戻すストーリー。これまでの作品と同様に最新のVFXを駆使し、監督&総監督も三池氏が担当する。

 メインキャストは、ファントミラージュのメンバーの桜衣ココミ役(ファントミハート)を菱田未渚美、明日海サキ役(ファントミスペード)を山口綺羅、紫月ヨツバ役(ファントミクローバー)を原田都愛、紅羽セイラ役を石井蘭。脇を固めるキャストとして、ファントミラージュのボス・ファンディー役をメンディー、ココミの父親・桜衣慎一役を斎藤工、逆逆警察・ギャンヌ署長役を石田ニコル、マギャク巡査役を黒石高大、アベコベ刑事役をぺえが務めている。

 ファングリ・大栗純役の小栗は、ファントミラージュに新たなひみつアイテム“ファントミタイム”を授けるというストーリー展開の大きなカギを握る重要な役どころ。そして、ファングリはファントミラージュたちが“ファントミタイム”を使いこなせる力を持つのか試練を与える。ミステリアスなファングリ・大栗純は、果たして、敵なのか味方なのか?

 小栗は「ファングリ・大栗純役の小栗旬です」と自己紹介。「撮影に参加して、ファントミのみんなが初めての経験をしながら作っている、一生懸命頑張っている姿がまぶしく思いました。そんなみんなに、この先の重要アイテムを渡せるキャラクターで登場できることを非常に光栄に思っています」と力を込め「頑張ります、宜しくお願いいたします」と呼びかけている。

 また、小栗のほか、敵方の逆逆警察にかわいい最強キャラクター・サライ役として山口莉愛が出演することも決定。逆逆警察のボス・サカサーマが集めてきた“いけないパワー”から生み出した謎の少女を演じる山口は「最初は悪役と聞いて、ちょっぴり不安になったけどでもそれ以上にサライという役をいただけたことがうれしくて『これからサライとして頑張っていこう!』という気持ちがどんどん強くなりました」と意気込み。

 「サライがファントミラージュの4人と どんな風に関わっていくのかそして、サライがどんどん変化していくところを楽しみにしながらぜひ見て欲しいです!」とメッセージしている。

最終更新:9/18(水) 12:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事