ここから本文です

齋藤飛鳥“彼氏”との裏話告白 乃木坂46が東京ゲームショウ初登場

9/16(月) 6:30配信

オリコン

 アイドルグループ・乃木坂46の公式スマホゲーム『乃木恋』が『東京ゲームショウ2019』(9月12~15日、千葉・幕張メッセ)に初出展され、メンバーの齋藤飛鳥、堀未央奈ら5人が15日、乃木恋ブースにサプライズ登場した。

【TGS2019写真】告白シーンに挑戦する遠藤さくら

 『乃木恋』は累計700万ダウンロードを突破したスマートフォン向けゲームアプリ。同ブースでは会期中、アプリ内で着用の制服、アプリ限定特典グッズ、メンバーからのメッセージなどを多数公開。特別映像としてメンバーのインタビューや未公開映像、10月公開予定の4期生メンバー初主演ショートドラマの予告編などが放映され、多くの乃木坂ファン、ゲームファンが詰めかけていた。

 最終日の15日には、齋藤、堀、遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめの5人がサプライズ登場。混雑する会場をかき分けるようにしてようやくブースにたどり着いた5人は、それぞれの等身大パネルにサインを入れて記念撮影。まさかのメンバー登場に会場には歓声が飛び交った。

 メンバー5人は午後3時からはホール1内のイベントステージで行われた「乃木恋スペシャルトークイベント」にも登場。当日配布の整理券を獲得したラッキーな約1000人の来場者に、恋愛シミュレーションゲーム『乃木恋』の特徴や魅力などを解説した。

 メンバーそれぞれの“彼氏”ユーザーたちを招待する「リアルイベント」のエピソードも紹介。寝ることが好きな齋藤は、集まった彼氏たちに自分が寝るところを見せたいとベッドを持ち込み、彼氏ユーザー100人の前で寝たという驚きのイベント内容を明かした。また、新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」で初センターを務めた遠藤は告白シーンの演技を披露する企画に初挑戦し、来場者を沸かせていた。

最終更新:9/18(水) 9:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事