ここから本文です

羽田空港利用時にも、それ以外でも使える東京モノレールのお得な切符とは

9/16(月) 12:20配信

ファイナンシャルフィールド

羽田空港から都心へのアクセス時、昔から東京モノレールを使う人も多いかと思います。そんな東京モノレールのお得な使い方、知っていますか?

東京モノレールの切符が沖縄で買える!?

東京モノレールの切符が実は、浜松町から羽田空港の駅以外で買えることをご存じですか? よく飛行機を利用される方は空港内でご覧になったことがあるかもしれません。実は17の空港に東京モノレールの券売機が設置されていて、購入することができるのです。

北から新千歳、函館、富山、小松、伊丹、関西、岡山、広島、山口宇部、高松、福岡、大分、熊本、宮崎、長崎、鹿児島、那覇空港で購入することができ、出発前に切符を買っておけば羽田に着いた後は券売機に並ぶことなく、そのままモノレールに乗車することができ、大変便利です。

ただし、有効期限については、片道乗車券の場合、駅で購入した場合と同じ当日限り有効です。羽田空港のホテルに泊まって翌日から移動する場合は切符が無効となってしまうため注意が必要です。

モノレールのお得な切符って?

ではお得な切符はどんなものがあるか見ていきましょう。

1 モノレール羽割往復きっぷ
9月30日までの期間限定の切符になりますが、羽田空港3駅(第1ビル、第2ビル、国際線ビル)~浜松町間の往復切符が、大人800円、子ども400円で購入でき、通常時より大人180円、子ども100円割引になっています。

注意点としては、東京モノレールの各駅では購入できません。先述の地方空港17ヶ所の券売機、または旅行会社のプラン等の場合のみになります。

また、東京モノレールの往復乗車券は、他社と大きく違って、羽田空港3駅出発の場合は有効期間が10日間に設定されており、東京へ旅行をする方々にとっては便利になっています。

2 モノレール&山手線内割引きっぷ
土日祝および特定日限定の片道切符です。羽田空港3駅を出発駅として山手線内のJR各駅まで乗車する場合、距離にかかわらず500円で乗れるお得な切符です。浜松町のすぐ隣の田町、新橋でも通常630円で130円の割引。浜松町から見て反対側の池袋では通常750円ですので、250円もの割引になります。

もし一家4人で池袋へこの切符を利用したら、ランチ1人分くらいの節約になりますね。この切符は羽田空港へ向かう場合は購入することができません。地方17空港または羽田空港3駅でのみの発売ですので、その点は注意が必要です。

3 東京モノレール沿線お散歩1dayパス
土日祝日限定の東京モノレールの1日乗車券になります。値段は大人700円、子ども350円です。

通常料金で浜松町~羽田空港3駅までは片道490円ですので、お見送りで都内方面から往復する場合や、空港のターミナルでお買い物などをする場合には非常にお得だといえます。こちらの切符はモノレールの各駅で購入することができます。

4 モノレール&お台場ワクワクきっぷ
最後は羽田空港3駅~天王洲アイルまでをモノレールに、天王洲アイル~東京テレポートまでをりんかい線に乗車できるお得な切符です。値段は片道500円で、通常国際線ビル~東京テレポートが550円、空港第2ビル~東京テレポートが700円ですので50~200円の割引になります。

さらにこの切符は、お台場にある16施設ではさまざまな割引サービスも受けられるので実質的にはもっと安いといえます。購入は羽田空港3駅の「有人改札窓口」とりんかい線の東京テレポート駅のみですので注意が必要です。

まとめ

東京都心から空港への移動に便利な東京モノレール。特に地方から東京に来る場合にお得な切符が多いです。羽田空港を利用することがあれば、検討してみるといいかもしれません。

出典 東京モノレール株式会社 「おトクなきっぷ」

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ファイナンシャルフィールド編集部

最終更新:9/16(月) 12:20
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事