ここから本文です

増税間近 「出費を抑えたい」ズボラさんへ 1週間分のレシートで始める家計管理3つのステップ

9/16(月) 16:21配信

Hint-Pot

 10 月に消費税が10%に増税します。軽減税率など複雑な点もありますが、増税するにあたり、「普段の出費で見直したいものがある」と答えた人は47.8%と、半数近くもの人が増税前に出費の見直しを考えていることが、「増税対策に関する意識調査」(OCNモバイルONE調べ、20~59歳の労働従事者600人対象)で判明。しかし、家計の出費を抑えたいとは思っていても、なにをどうしたら良いのやら……。しっかりと家計簿をつけお金の流れを把握している方なら良いのですが、「どうも苦手で…」というズボラさんは必見。節約アドバイザー・丸山晴美さんが増税前にしておくべき家計の見直しの基本を解説します。

【画像】テイクアウトとケータリングは税率が違う? 図解でチェック軽減税率

食費、携帯代、公共料金…普段の出費で見直したいものはあるけれど

 増税まであと2週間ほど。家計への対策は、なにかしていますか? 「増税対策に関する意識調査」(OCNモバイルONE調べ)では、「普段の出費で見直したいものがある」と答えた人は 47.8%と、約半数近くもの人が増税前に出費の見直しを考えていることが浮き彫りに。

 種類別にみると上位にランクインしたのは、次の通りです。
「食費」(62.4%)
「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」(47.0%)
「公共料金」(30.3%)

 とはいえ、実際のところ、今回の増税が家計に与える影響ってどうなのか、なかなかイメージがわかないという人もいるかもしれません。

 丸山さんは次のように説明します。

「増税後は食品や定期購読契約をしている新聞以外ほぼ全てのものの税率が 10%になります。仮に食費以外の生活費に10万円使っていた場合、増税前は8000 円が消費税でしたが、増税後は 1万円になり、2000円の負担増となります。その分、所得が増えれば問題ありませんが、この2000円をどこから捻出することができるかを考えることが大切です」

今からでも遅くない!? 家計簿が苦手な人はレシート“攻略”で無駄遣いを把握

 家計簿をしっかりとつけている人なら良いですが、そういうことが苦手という人は、まずは「1週間分のレシート」を取っておいてチェックするのが良いそうです。無駄遣いを把握することが、出費を抑えるはじめの一歩に。丸山さん直伝の3つのステップを紹介します。

【その1】 買い物をした時にもらうレシートを 1週間分とっておきチェック
「レシートを見て、必要だったものには○、買い方によっては節約できるものには△、買わなくてもよかったものには×をつけましょう」

【その2】 ×のついたレシートの合計金額に 4週分を掛けてみる
「これで1 か月分のだいたいの無駄遣い金額がわかります。レシートを見ながら、どこでどのようなムダ遣いをしているのかに気付いてからは、習慣的に行っているお店へは意識的に行かないようにする、買わないようにするだけでも節約になります」

【その3】 お金の流れを書き出し優先順位をつける
「お金全体の流れを書き出すことで、お金の優先順位をつけて不要なものは解約をして、以降の料金がかからないようにすることもできるでしょう」

Hint-Pot編集部

最終更新:9/16(月) 16:21
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事