ここから本文です

<豚コレラ>殺処分を終了、施設・用具などの消毒作業続く 出荷は山梨のみ、感染のあった長野には出荷せず

9/16(月) 6:42配信

埼玉新聞

 埼玉県秩父市の養豚場で豚コレラ感染が確認された問題で、県は15日未明までに飼育されていた豚753頭全頭の殺処分を終えた。県畜産安全課によると、15日午後4時で処分された豚の半数が埋却され、施設・用具などの消毒作業が続いている。

秩父で豚コレラ、感染の恐れが現実に 防護服着た関係者ら、養豚場付近に出入り 消毒ポイントも設置

 感染が確認された農場の10キロ圏内にある2カ所の養豚場からは、同日までに異常は確認されていない。防疫作業完了後28日間は出荷を禁止され、作業が計画通り進んだ場合、解禁は10月14日になる。

 農場の豚は全て食肉用で、山梨県の食肉処理場にのみ出荷されていた。同じく感染が確認された長野県には出荷していないという。県は感染経路について、国の調査結果を待つとしている。

最終更新:9/16(月) 6:42
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事