ここから本文です

最も注目されるバルサ16歳FWアンス・ファティの知っておくべき7つの豆知識

9/16(月) 6:50配信

SPORT.es

現在、バルセロナで最も話題となっている新スター候補アンス・ファティ。彼は16歳にしてバルサのトップチームで居場所を見つけつつあり、彼について知っておくべき豆知識を紹介しよう。

バルサ前節の鬱憤晴らす5得点! 帰ってきた“9”番が圧巻の2ゴール!


1)FCバルセロナのクラブ史上、2番目の若さでデビューを果たし、最年少ゴールを記録した神童。最年少デビューはビセンチ・マルティネス(1941)の16歳と280日で、アンスは16日と298日。クラブ史上最年少の16歳と304日でのゴール。


2)今夏に締結された新契約によると契約解除金は1億ユーロ(約119億円)に設定された。


3)ギニアビサウで生まれたが、6歳でセビージャの町ヘレラに移住し、サッカーを始めた。


4)アンスはバルサに移籍する2012年までの2シーズンをセビージャのカンテラで過ごした。


5)ラ・マシアでは久保建英と共にプレーしている。


6)父親のボリ・ファティも元サッカー選手であり、ポルトガルでプレーしていた。


7)2015年12月13日、バルサのインファンティルA(U-14A)対RCDエスパニョールの試合で相手選手からタックルを受けて右脚の脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)を骨折し、全治10ヶ月の大怪我を負っている。

最終更新:9/16(月) 10:03
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事