ここから本文です

【動画】関東の雨ピーク 昼前後にかけて 東海から西は猛暑日も(16日7時更新)

9/16(月) 7:10配信

ウェザーマップ

 千葉県など関東の雨のピークは、昼前後にかけてとなりそうです。一方、東海から西は晴れて、厳しい暑さが続くでしょう。

 関東付近には前線や低気圧があり、暖かく湿った空気が引き込まれている東側で、雨雲が発達しています。関東には、東から雨雲が入り込み、けさは千葉県など雨脚の強まっている所があります。
 関東の雨のピークは昼前後にかけてで、局地的には激しい雷雨となるおそれがあります。午後は、福島などに活発な雨雲がかかりますが、夜までには抜けていく見通しです。
 そのほか、北海道や東北でも雨が降ったり止んだりとなるでしょう。山陰や北陸など日本海側で天気が変わりやすく、にわか雨がありそうです。一方、晴れるのは東海から西が中心で、厳しい暑さが続きます。予想最高気温は名古屋で35℃など、9月も半ばになりますが猛暑日になるかもしれません。

(気象予報士・杉山真理)

最終更新:9/16(月) 7:10
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事