ここから本文です

高価な物より喜ばれる!おじいちゃん・おばあちゃんが「敬老の日」にしてもらって嬉しかったこと

9/16(月) 18:47配信

kufura

「敬老の日」のプレゼントをまだ用意していないと焦っている皆さん。おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶのは、“物”だけではありません。今年はプレゼントを贈る以外の方法で、敬老の日をお祝いしてみませんか? 『kufura』では、お孫さんのいる男女252人に「敬老の日にしてもらって嬉しかったこと」を聞いてみました。

会いに来てくれる!孫の元気な姿や成長ぶりが見られて嬉しい

「直接会いに来てくれて、孫の元気な姿、成長している姿を自分の目でしっかりと確認することができて感激しました」(56歳/男性)

「たまにしか会えないので、描いた似顔絵を持って敬老の日に遊びに来てくれたのがすごく嬉しかったです」(67歳/女性)

「会いに来てくれていっしょに遊んだだけですが、何とも言えない嬉しさがありました」(62歳/男性)

「孫の顔を直に見ながら、いろいろと話をすることができて楽しかった」(57歳/女性)

「孫全員が家に来て、タコ焼きパーティーをしてくれたこと。全員の元気な姿を見ることができてよかったです」(60歳/男性)

おじいちゃん、おばあちゃんにとっては、孫に会えること自体がとても嬉しいプレゼントになります。しばらく会っていないという人は、久しぶりに会いに行ってみてはいかがでしょうか? きっと、おじいちゃん、おばあちゃんのとびきりの笑顔を見ることができますよ。

電話やビデオ通話で感謝の気持ちや近況を教えてくれる

「孫が電話をしてきてくれたこと。元気な様子が確認できてよかったです」(64歳/男性)

「電話で孫から『元気に長生きしてね』など、いろいろと優しい言葉をかけてもらったこと」(53歳/女性)

「娘と孫娘が2人いっしょに電話をくれたこと。離れて暮らしているので、電話をくれるだけでも嬉しかった」(71歳/男性)

「電話を切るときに『じいじ、バイバイ』とかわいい挨拶をしてくれて、孫が物事を理解して言葉が言えるようになったことに感動しました」(65歳/男性)

「テレビ電話をしながら似顔絵を描いてくれた。顔を見て話せたのがよかったです」(74歳/男性)

「孫は海外に住んでいてなかなか会えないので、スカイプで顔を見ながらゆっくり話ができてよかった」(70歳/女性)

「直接会いに行くのは難しい」という場合は、電話がおすすめ。孫の元気そうな声を聞くだけで、おじいちゃんもおばあちゃんもかなり喜んでくれるはずです。ラインやスカイプなどのビデオ通話を利用して、お互いに顔を見ながら会話を楽しむのもいいですね。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 18:47
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事