ここから本文です

マラソン五輪代表に内定 前田選手が会見(全文1)優勝を狙っていた

9/16(月) 12:58配信

THE PAGE

 マラソンの東京五輪代表選考会「MGC」が15日午前、東京都内で行われ、男子優勝の中村匠吾選手、2位の服部勇馬選手、女子優勝の前田穂南選手、2位の鈴木亜由子選手が代表に内定した。同日午後、内定選手が記者会見を行った。

【動画】マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見(2019年9月15日)」に対応しております。

     ◇     ◇

レースを終えての感想

司会:それでは、お待たせしました。MGC優勝しまして、東京オリンピック日本代表に内定いたしました、女子優勝の前田穂南選手、そして武冨監督にお越しいただきました。どうぞ、ご登壇ください。大きな拍手でお迎えいただきます。あらためましてMGC女子優勝、前田穂南選手、そして武冨監督です。ではまずは前田選手に伺います。レースを終えての感想をお願いします。

前田:今大会は優勝を狙っていたので、すごいうれしいです。

司会:ありがとうございます。では、このあと質疑応答でもっと質問を深掘りしていただければと思いますが、ではご質問ある方々、挙手をお願いします。では中央の男性の方からお願いします。

プレッシャーはどうやって払拭したのか

読売新聞:読売新聞の【ヒラノ 00:47:13】と申します。おめでとうございます。前田選手と武冨監督にそれぞれ質問なんですけども、まず前田選手、20キロ付近から仕掛けていったかと思うんですが、これまで大阪国際女子だとか東京マラソンとか、ちょっとペースを上げたり仕掛けたりして、ちょっと裏目に出てしまったようなケースもありましたけども、そういう恐怖感、恐怖感っていうか、そういうプレッシャーというのはどうやって払拭したのかっていうのと、あと、なぜあの地点で仕掛けたのかっていうのを教えていただけますか。

前田:今回のレースは自分でしっかりいくと決めていたので、不安なく自信を持って最後まで走りました。20キロ付近で仕掛けたつもりはなかったです。

読売新聞:分かりました、ありがとうございます。武冨監督に質問なんですが、非常に今日は、結果的に中盤から抜け出してそのまま勝利するというレースでしたけども、武冨さんの中でMGCの、すいません、オリンピックの切符を取るということに加えて、例えばその先、来年のオリンピックを見据えてだとか、そういうことも何か考えられて準備されてきたんでしょうか。

武冨:はい。まず、ああいうレースをするまでに練習が本当にしっかりできていたこともあったんで、とにかくこのMGCでオリンピックのチケットを取るということ以上に本番で戦うためにはやはり、これまでもそうなんですけど、やはり外国人選手に振り回されるというか、そういう状況で力を出せなかったということが多かったと思うんで、とにかく自分のリズムで走り切ることを課題に話をしてました。どこでいけという話はまったくしてなかったんですけど、そういうレースをこの、せっかく1年前にできるんだから、そういうことをやって、結果、駄目だったら、もう本当に仕方がないなという感じで、の話をしてました。

読売新聞:ありがとうございます。

司会:ありがとうございます。続きまして、前方の今、左手を上げています男性の方にいきましょう。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 13:25
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事