ここから本文です

PTA文科大臣表彰 受賞喜ぶ/八戸工大二高・付属中PTA

9/16(月) 10:42配信

デーリー東北新聞社

 八戸工大二高・付属中父母と教師の会(柴田一則会長)が、京都市で8月に開かれた全国高校PTA連合会大会(同連合会主催)で、優良PTA文部科学大臣表彰を受けた。柴田会長は11日、同高で取材に応じ、表彰状を手に「関係者の皆さんの力を結集し、積み上げてきたことが評価された」と喜びをかみ締めた。
 同大会は毎年開かれ、今年で69回目。青森県内の高校PTAが文科大臣表彰を受けるのは、県立青森高PTA以来、2年ぶり。
 同父母と教師の会は、昨年の付属中の開設に伴い、中学、高校を合わせたPTA活動を開始。発行する広報誌「きらゝ」が今年、東北地区高校PTA連合会広報紙コンクールで昨年に続き最優秀賞に輝いた他、八戸工業大や八戸学院大の学生らと地域活性化について話し合うワークショップを開くなど、優れた広報活動や地域と協力した取り組みが評価された。
 取材に同席した八戸工大二高の萩原修一教頭は、「会員の方たちが一生懸命活動してくれているので、学校としてもとても頼りにしている」と、日頃の活動に感謝の言葉を述べた。
 柴田会長は「今後も学生と保護者が楽しく、共に人間力を学べる活動を行いたい」と意欲を示した。

デーリー東北新聞社

最終更新:9/16(月) 10:42
デーリー東北新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事