ここから本文です

口論の末に…72歳母親の顔面を殴り死亡 傷害致死の疑いで49歳男逮捕

9/16(月) 18:39配信

KSB瀬戸内海放送

 自宅で72歳の母親を殴るなどして死亡させたとして、岡山市の49歳の男が傷害致死の疑いで逮捕されました。

(記者)
「男は、こちらの住宅の1階のリビングで母親に暴行を加えたとみられています」

 傷害致死の疑いで逮捕されたのは、岡山市南区彦崎の会社員、千田浩正容疑者(49)です。
 警察の調べによりますと、千田容疑者は午前0時ごろ自宅のリビングで母親の住子さん(72)と口論になり、顔を数回平手打ちするなどの暴行を加え、死亡させた疑いです。

 住子さんは、殴られた弾みでソファのひじ掛けで頭を強く打っていて、隣に住む千田容疑者の妹の通報で病院に運ばれましたが約7時間後に死亡しました。
 千田容疑者は、住子さんと父親の3人で暮らしていて、事件当時父親は寝ていたということです。

 千田容疑者は、「間違いない」と容疑を認めています。警察が口論になった経緯などを詳しく調べています。

最終更新:9/16(月) 20:10
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事