ここから本文です

銀座にスタバ新業態 「誰かを誘って行きたい店」に 2階には予約可能なバーも

9/16(月) 4:03配信

食品新聞

スターバックス コーヒー ジャパンは4日、東京都中央区銀座に新業態「スターバックス リザーブストア」の第1号店となるスターバックス リザーブストア銀座マロニエ通りをオープンした。東京・中目黒に2月に開業したスターバックスリザーブ ロースタリー東京で焙煎したコーヒーと、イタリアンベーカリープリンチの両方を、2階建てのゆったりとした空間で楽しめる店。コンセプトは「誰かを誘って行きたいスターバックス」。

スターバックス コーヒーの日本第1号店を全面改装して誕生したもので、店舗面積は約705平米、席数は111席(1階14席、2階97席)。1階はテイクアウト用に商品数を絞って提供し、2階のメインバーは、専門テイスターが厳選したコーヒー豆をコーヒープレスやコールドブリューなど6種類の抽出方法で楽しめる。2階の一部客席は予約も可能で、待ち時間なく利用できる。

食事メニューは、イタリア・ミラノで創業し、7月には日本初の単独店舗を代官山にオープンしたイタリアンベーカリー「プリンチ」が提供。シナモンロール(340円)やサンドイッチなど豊富な種類のパンをショーケースの中から選べる。

最終更新:9/16(月) 4:03
食品新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事