ここから本文です

マラソン五輪代表に内定 鈴木選手が会見(全文2完)強い精神力と体を作りたい

9/16(月) 13:21配信

THE PAGE

 マラソンの東京五輪代表選考会「MGC」が15日午前、東京都内で行われ、男子優勝の中村匠吾選手、2位の服部勇馬選手、女子優勝の前田穂南選手、2位の鈴木亜由子選手が代表に内定した。同日午後、内定選手が記者会見を行った。

【動画】マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「マラソン五輪代表に内定 中村匠吾選手、前田穂南選手らが会見(2019年9月15日)」に対応しております。

     ◇     ◇

もう1回走るという動機付けはあったのか

読売新聞:読売新聞の【ニシグチ 01:21:08】です。おめでとうございます。鈴木さんにお伺いしたいんですけれども、やはり今回リオのリベンジのスタートラインに立ちたいという、まずそこに期する思いがあったと思うんですけども、その中で後半苦しくなったときに、来年同じこのコースを走るわけですけれども、そのこと、やっぱりここをもう1回走るんだというようなモチベーションだったり、動機付けみたいなものがもし自分の内心の中であったら教えていただけますでしょうか。

鈴木:もう本当に、後半本当に長かったですし、一番長い10キロだったんですけれども、やっぱりもう一度オリンピックで戦いたいという思いが、なんとか最後まで自分をゴールまで、今回頼りない足でしたけども、運んでくれたかなと思います。その意味じゃこの1年弱でもう一度しっかりと力を付けていきたいなと思います。

読売新聞:すいません、もう1点だけいいですか。ラスト40キロぐらいのところで、高校時代に、夏目先生に立っててくれとおっしゃって、実際に先生が駆け付けて声を出したとおっしゃってたんですけど、それは確認できましたでしょうか。

鈴木:はい。先生の姿は確認できました。自分に負けるな、みたいなことをたぶん叫んでいらっしゃったと思います。力になりました、でも。

司会:はい、よろしいでしょうか。ありがとうございました。ではブルーのシャツを着ています、眼鏡を掛けています男性の方、お待たせしました。その右横ですね。後ろです、その後方になりますね。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 13:24
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事