ここから本文です

【台風関連】千葉県、被災者に県営住宅を無償提供 きょう16日から受け付け

9/16(月) 13:10配信

千葉日報オンライン

 千葉県は、台風15号で自宅が被災し、暮らすのが難しくなった被災者を対象に、県営住宅を無償提供すると発表した。原則半年で、最長1年まで更新できる。16日から受け付けを始める。

 県住宅課によると、提供数は16戸で、地区別の内訳は千葉7戸(生実、小倉、千城台東第二、千城台東第三、千城台西)、東葛・葛南4戸(平和、香澄、実籾大原=以上習志野市、我孫子新木=我孫子市)、北総1戸(佐倉石川=佐倉市)、香取・海匝・山武2戸(芝山=芝山町)、君津・安房2戸(住吉=木更津市)。

 家賃と敷金、駐車場使用料を免除し、光熱水費や共益費は自己負担。受け入れ準備が整い次第、提供数を順次増やすという。

 受付時間は午前9時~午後5時。受け付け順で手続きを進める。問い合わせは同課(電話)043(223)3222。

最終更新:9/16(月) 13:10
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事