ここから本文です

ユムティティの家に強盗が侵入!バレンシア戦観戦中の計画的犯行

9/16(月) 11:50配信

SPORT.es

サミュエル・ユムティティの問題が増えている。代表チームで負傷し、バルセロナに戻って来ていた同フランス人CBはバレンシア戦には招集されることはなかったものの、ワゲやデンベレ、そしてメッシといった招集外のメンバーらと共に、アスルグラナの勝利を見届けるために土曜日の夜にはカンプ・ノウへと駆けつけていた。

メッシが愛妻アントネラとの馴れ初め語る「彼女が全て」


試合が行われている中、フードを被った4人の強盗が、同選手の家のドアを無理矢理こじ開け侵入したとされている。エスプルゲス・デ・ジョブレガートに住むユムティティの隣人は、ドアが完全に開いていたことに気付き、警察に通報している。カタルーニャの自治警察は現在調査を進めている。


その強盗は土曜日の夜に、バルセロナのフランス人選手サミュエル・ユムティティが、カンプ・ノウで彼のチームとバレンシアの一戦を観戦してる際に家に侵入している。


強盗がいつバルセロナの選手の家に侵入するか、完璧にわかっていたことは明らかである。ここ数ヶ月は予定が詰まっている中、ほぼ常に試合が行われている。今回起きたことは、時に選手の家族を危険にさらすこともあり、驚きを与えることもある。アルトゥールの件がそうであったように、彼の兄弟が脅されたことがあり、またジョルディ・アルバも同様の被害を受けており、引越しする決断を下している。


ジェラール・ピケやコウチーニョ、そしてボアテングといったバルサの選手達もこの危険にさらされた経験を持つ。

SPORT.es

最終更新:9/16(月) 11:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事