ここから本文です

決勝ゴールのサラゴサ・香川「必ず決めたいと思っていた」

9/16(月) 16:15配信

SPORT.es

日本時間16日(月)、香川真司擁するレアル・サラゴサがラ・リーガセグンダ・ディビシオン(2部)でエストレマドゥーラUDと対戦。
同一戦は香川の決勝ゴールもあり、ホームのサラゴサが3-1と勝利した。


香川、新天地サラゴサでの初ゴールは左足!...チームは敵地でドロー


決勝ゴールをマークした香川は試合後のインタビューで同一戦でのゴールやチームの勝利についてコメントしており、レアル・サラゴサが公式SNS上でそれを公開している。


「今日はたくさんチャンスがあったので、絶対に勝たないといけない試合だった。いいボールをくれたスアレスに感謝したいし、それが勝ちに繋がってよかった」
「自分もチャンスがあって、必ず決めたいと思っていた。その気持ちで今日は戦った」



この日もトップ下で先発フル出場した香川真司は攻撃の起点となり、チームを牽引。
随所で質の高いプレーを見せて、積極的にシュートを放った。


試合は12分にサラゴサのFWドワミーナが先制点をマーク。54分にエストレマドゥーラUDに追いつかれるも、80分、香川が今季リーグ戦2ゴール目をマークする。
サラゴサのFWルイス・スアレスがスルーパスから左サイドを抜け出すと、グラウンダーのクロスで中へ折り返す。これを走りこんだ香川が押し込んだ。


その後、サラゴサはルイス・スアレスのゴラッソもあり、勝利を確実なものにした。

最終更新:9/16(月) 16:15
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事