ここから本文です

「僕は待ってます」那須川天心、“武尊”を名指しで宣戦布告 志朗を退け「世界NO.1」に

9/16(月) 21:06配信

AbemaTIMES

 16日、幕張メッセイベントホールで行われた『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』の58キロ以下級トーナメント決勝で、那須川天心が3Rフルラウンドの末に志朗を3-0の判定で下し、世界No.1に輝いた。

【ノーカットマイク映像】那須川天心、志朗を退け“武尊”を名指しで宣戦布告

 その直後、リング上でマイクを握った那須川は、対戦相手の志朗にまず敬意を払うと「今日みたいな試合ではダメ。もっともっと頑張りたい」と今後のさらなる飛躍を誓うと、「最後に一つだけ言いたいことがある」とK-1のスター選手である武尊に向けて次のように語りかけた。

「武尊選手、そしてK-1の陣営に一つ言いたいことがあります。格闘技界を盛り上げるために人生をかけて戦ってきたつもりです。時間は止まっていないし、自分にもやりたい未来はたくさんある」

 さらに那須川は、観衆に向かって「皆様の声に応えるのが選手だと思いませんか?」と語りかけると「僕は逃げも隠れもしない。SNSで書き込んだりするなら、さっさと正式な話をください。俺は待っています」と名指しで宣戦布告を行った。

 突然の宣言を聞いた場内のファンからは「天心頼むぞ」の声が飛んでいた。

最終更新:9/16(月) 22:05
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事