ここから本文です

105系福塩色、東武800型、福鉄LRT、成田空港バスセットなど トミーテックが新製品

9/16(月) 17:00配信

乗りものニュース

「鉄コレ」からは105系「福塩色」など

 模型メーカーのトミーテックは2019年9月12日(木)、鉄道模型やミニカーなどの新製品を、12月から順次販売すると発表しました。

【画像】トレーラーに新型登場!

「鉄道コレクション」からは、おもに次の商品が登場します(カッコ内は税抜予価)。

JR105系 体質改善30N更新車 福塩線(F01編成)2両セット(3000円)

 実車の105系電車は1981(昭和56)年、電化路線で使用されてきた旧型電車を置き換える目的で登場しました。製品は、黄色5号に青20号の帯を巻いた「福塩色」を最後まで維持していたF01編成を再現しています。

JR105系 体質改善30N更新車 宇部線・小野田線(U10編成)2両セット(3000円)

 製品は、山陽本線・宇部線・小野田線で運用されている105系電車のうち、トリコロールカラーのU10編成を再現しています。

長野電鉄8500系(T4編成)3両セット(4500円)

 実車の長野電鉄8500系電車は2005(平成17)年、非冷房車の置き換え用として導入され、現在は6編成が使われています。

東武800型、都電、福井鉄道も

「鉄道コレクション」からは以下の商品も登場します。

東武鉄道800型804編成3両セット/850型854編成3両セット(各4500円)

 実車の東武800型・850型電車は、伊勢崎線館林地区や佐野線などのワンマン区間で運行されている車両。東武では珍しい3両編成です。電動車の位置が違うため、800型電車は中間車に、850型電車は先頭車にパンタグラフがあります。製品は、804編成と854編成を再現しています。

東京都交通局6000形(6181号車)(2500円)

 実車の6000形電車は戦後初めて製造された車両です。最後の1両は2001(平成13)年まで、荒川線に在籍しました。

東京都交通局7000形(7020号車・非冷房)(2500円)

 実車の7000形電車は、荒川線のワンマン化に向け更新され、前面窓が大型の1枚窓となりました。製品は、角張った印象になった車体を再現しています。

福井鉄道F1000形F1004「FUKURAM」ピンク(3300円)

 福井鉄道F1000形電車は、2013(平成25)年に製造が開始された3連接のLRT車両です。「FUKURAM」の愛称を持ち、現在4編成がおもにえちぜん鉄道直通の急行列車として運行されています。製品は、第4編成のピンクを再現しています。

「バスコレ」からは成田空港発着シリーズ

「ザ・バスコレクション」からは次の商品が登場します。

明光バス「パンダ白浜エクスプレス~未来をツナグSmileバス」(1800円)

 明光バスはアドベンチャーワールドと連携し、2019年6月22日(土)から白浜大阪線の高速バスと貸切バスに、全面フルラッピング車「パンダ白浜エクスプレス~未来をツナグ Smileバス~」を運行。車内随所にアドベンチャーワールドの動物やパンダファミリーが描かれています。

1/2ページ

最終更新:9/16(月) 19:57
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事